過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
 | 1 2 3 4 5 | 次のページ >>
1/5ページ 
ニベアイシガケチョウ

▲ニベアイシガケチョウ Cyrestis nivea (2007年12月27日 Kinta Highland, Malaysia Olympus E-330, 14-54mm)
綺麗なカメムシ
あと数日で、当サイトの累計アクセス数が200,000アクセスに到達する見込みです。(アクセスカウンターは、Blog右上部、TOPページ右下部にそれぞれ表示されているバーコードの下の数字です。)
いつも沢山のアクセスありがとうございます。


▲種名は分からないが、とても綺麗なカメムシの幼虫。[2/3追記:オオカメムシ科(Tessaratomidae)の1種で、5齢幼虫だろうとの指摘をいただきました。]結構大きくて、チョコエッグのおまけくらいの大きさ。こう見えても実際には、写真からは想像もつかないほど上手く周囲に溶け込んでいて、目立たない。おそらく、この赤いボディは、赤い新芽への隠ぺい擬態なのだと思う。 (2007年12月26日 Mt. Jasar, Malaysia Olympus E-330, 14-54mm)


▲1円玉サイズの真っ赤で綺麗なカメムシ幼虫。[2/3追記:オオカメムシ科(Tessaratomidae)の1種で、2齢幼虫だろうとの指摘をいただきました。]触覚の模様なんかは随分上の写真のカメムシと似ているけれど、もしかして齢が違うだけで同種の幼虫なのだろうか。 (2007年12月28日 Kinta Highland, Malaysia Olympus E-330, 14-54mm)

<<お知らせ>>
2月10日、群馬県渋川市民会館にて、『チョウ類保全シンポジウム −ギフチョウ・ヒメギフチョウ−』が開催されます。
詳しくは、こちらのお知らせをご覧ください。
ヤクシマルリシジミ

▲ヤクシマルリシジミ(Acytolepis puspa)。日本にも同じ種がいるが、日本亜種よりも黒点が目立ち、雰囲気は随分違う。父撮影。 (2007年12月25日 Kuala Woh, Malaysia RICOH GR DIGITAL)


▲ヤクシマルリシジミ Acytolepis puspa (2007年12月25日 19 mile, Malaysia Olympus E-330, 14-54mm)

<<お知らせ>>
2月10日、群馬県渋川市民会館にて、『チョウ類保全シンポジウム −ギフチョウ・ヒメギフチョウ−』が開催されます。
詳しくは、こちらのお知らせをご覧ください。
エグリゴマダラ

▲エグリゴマダラ(Euripus nyctelius)のメス。ルリマダラの仲間(Euploea)に擬態している。父撮影。 (2007年12月29日 Kinta Highland, Malaysia PENTAX *istDS, 105mm)


▲エグリゴマダラ(Euripus nyctelius)のオス。オスは擬態せず、普通のゴマダラチョウと大差ない斑紋をしている。父撮影。 (2007年12月27日 Kinta Highland, Malaysia PENTAX *istDS, 105mm)


▲エグリゴマダラ(Euripus nyctelius)のオス。僕はこのオス1頭しか見ていないが、父はオスメス共に複数頭見たらしい・・・。 (2007年12月29日 Kinta Highland, Malaysia Olympus E-330, 14-54mm)

<<お知らせ>>
2月10日、群馬県渋川市民会館にて、『チョウ類保全シンポジウム −ギフチョウ・ヒメギフチョウ−』が開催されます。
詳しくは、こちらのお知らせをご覧ください。
オオモンキアゲハ

▲オオモンキアゲハ Papilio iswara (2007年12月28日 Kinta Highland, Malaysia Olympus E-330, 14-54mm)


▲こちらは日本にいるものと同種の、モンキアゲハ(Papilio helenus)。 (2007年12月27日 Kinta Highland, Malaysia Olympus E-330, 14-54mm)

<<お知らせ>>
2月10日、群馬県渋川市民会館にて、『チョウ類保全シンポジウム −ギフチョウ・ヒメギフチョウ−』が開催されます。
詳しくは、こちらのお知らせをご覧ください。
 | 1 2 3 4 5 | 次のページ >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
呑むさん蝶日記 ― なんやかんや@週末
活動日記 ― 12月9日自然教室
虫とり日記3 ― のんびり
蝶&鳥日記 2 ― 12月16日(曇)タイトル:3日共地元
津軽半島の自然 ― 吹雪の中の小鳥たち・・・
北のフィールドノート ― キクガシラコウモリのコロニーでの動画
てくてく写日記 ― 川越のムラサキシジミなど
蝶の玉手箱 ― 2017年12月上旬 カワセミ2
ふしあな日記 ― とある神社の…
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数