過去の記事
2017 | 01 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
 | 1 | 
1/1ページ 
春のシャクガ

オカモトトゲエダシャク Apochima juglansiaria のオス。早春に羽化し、雪の残る中で活動します。


この個体は灯火下の雪にとまっていました




静止時には蛇腹状に折り畳んでいる翅を羽ばたいて広げたところ


折り畳み式の独特な翅は枯れ枝のように見えて、葉っぱが無い早春の林内でも意外なくらい目立ちません



シロトゲエダシャク Phigalia verecundaria のオスとメス


ホソウスバフユシャク Inurois tenuis のオス

2016年03月中旬 青森市・平川市
ヒューイットソンキララシジミ

ヒューイットソンキララシジミ Poritia hewitsoni のメス




オス

2015年12月 タイ中部
マネシジャノメとルリマダラ
長年の憧れだったルリマダラ擬態のマネシジャノメを、タイでは2種見ることができました。とまると翅を閉じてしまうので凄みを伝え難いのですが、翅表は青紫色に輝いていて、飛んでいる姿などルリマダラにそっくりなのです。


パトナマネシジャノメ Elymnias patna


マレラスマネシジャノメ Elymnias malelas

以下は、擬態モデルになっているルリマダラの仲間たち。


ツマムラサキマダラ Euploea mulciber


シロモンルリマダラ Euploea radamanthus

2015年12月 タイ中部
 | 1 | 
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
北のフィールドノート ― オオセグロカモメ
蝶の玉手箱 ― ヒロオビミドリシジミの卵
虫つれづれ@対馬v2 ― アリヅカコオロギの一種
津軽半島の自然 ― 母ザルと子ザル・・・
小畔川日記 ― 小畔川便り(モンキチョウの絡み:2017/2/19.20)
虫とり日記3 ― 今日は
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― うめだのうめだ
呑むさん蝶日記 ― 完全休養日@自宅
てくてく写日記 ― 埼玉のヤマトシジミなど
投稿者
ze_ph(記事数:1181
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数