過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
 | 1 2 3 4 5 6 7 | 次のページ >>
1/7ページ 
チッチゼミ



チッチゼミ♂ Kosemia radiator

黒石市産(飼育下で撮影)
オニベニシタバ
昼夜問わずよく樹液に集まるカトカラなのですが、なかなか翅を開いてくれません。


オニベニシタバ Catocala dula

黒石市
モンスズメバチ

モンスズメバチ Vespa crabro

青森市
シロシタバとベニシタバ

シロシタバ Catocala nivea とベニシタバ C. electa

黒石市
ケンモンキシタバとジョナスキシタバ
梢近くの細枝から出る樹液には、意外なくらい虫が集まります。
しかし、その位置があまりに高く、撮影はままなりません


ミヤマクワガタと共に樹液を吸うケンモンキシタバ Catocala deuteronympha。ジョナスキシタバ C. jonasii がそこに割り込んでは追い返されていた。


ジョナスキシタバ。前翅の色調がやや暗いタイプ。

黒石市
 | 1 2 3 4 5 6 7 | 次のページ >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
蝶の玉手箱 ― 2018年7月上旬 再びゼフィルスの林へ
呑むさん蝶日記 ― 週末あれやこれや
津軽半島の自然 ― シオカラトンボ・・・
虫つれづれ@対馬v2 ― キノコを食べる蛾の幼虫
北のフィールドノート ― ヒガシシマドジョウ 下北半島津軽海峡側
鳥蝶ビデスコ ― ツミ
探蝶逍遥記 ― アオバセセリの幼虫探索(7月中旬)
四季彩散歩 ― 7月17日“もう7月中旬!”
蝶&鳥日記 2 ― 7月17日(晴)タイトル:アオスジハナバチ
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数