過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前のページ | 1 2 3 4 5 | 
5/5ページ 
ベニシロチョウ

▲ベニシロチョウ(Appias nero)の♂。背景の熱帯らしい雰囲気が気に入っている写真。 (2007年12月29日 Kinta Highland, Malaysia Olympus E-330, 14-54mm)


▲ベニシロチョウ(A. nero)の♀ (2007年12月29日 Kinta Highland, Malaysia Olympus E-330, 14-54mm)
クロシジミの近縁種

▲クロシジミの仲間の♂。日本のクロシジミよりもはるかに小型で、後翅外縁の後角寄りに明確な黒点が2つあるところからNiphanda cymbiaではないかと思う。父撮影。 (2007年12月28日 Kinta Highland, Malaysia PENTAX *ist DS, 105mm)


▲日照が強いなかでのコンデジは裏面が暗くつぶれるのでストロボ使用。日本のクロシジミとは異なり、午前からテリトリーをはっていた。父撮影 (2007年12月28日 Kinta Highland, Malaysia RICOH GR DIGITAL)
ツマベニチョウ
今回のマレーシア旅行は、僕たち親子の他に、父の元同級生のオオタさん、島根のヨドエさんも一緒でした。
しかし、そのヨドエさんは、まだ日本に帰国できていません。
帰りの飛行機に乗る直前になってパスポートを紛失してしまい、出国できなくなってしまったのです。
海外でパスポートを紛失した場合、現地の日本大使館に連絡して渡航書を発行してもらわなくてはならないのですが、年末年始は大使館も閉まっています・・・。

そんなこんなで、ヨドエさんは、僕たちが日本に帰ってから、もう4日間もマレーシアに居残っているのですが、先程明日ようやく帰国できそうだという話が聞こえてきました。
とりあえず、無事そうで何よりです。
この『ヨドエさんパスポート紛失事件』は、近いうちTSUISOに書かれてしまうような気がします(笑)


▲ツマベニチョウ(Hebomoia glaucippe)の♂ (2007年12月29日 Kinta Highland, Malaysia Olympus E-330, 14-54mm)


▲ツマベニチョウ(Hebomoia glaucippe)x1、クモガタシロチョウ(Appias indra)x2、ララシストガリシロチョウ(Appias lalassis)x2。 (2007年12月29日 Kinta Highland, Malaysia Olympus E-330, 14-54mm)
アカエリトリバネ

▲アカエリトリバネ(Trogonoptera brookiana)の集団吸水。吸水に集まるのはほぼ全てがオス。人が多かったせいか、1つしか吸水集団が出来ていなかった。 (2007年12月25日 Kuala Woh, Malaysia Olympus E-330, 14-54mm)


▲マレーシアの学校も年末は休みなのだそうで、川辺は多くの人で賑わっていた。木陰にテントを立てている家族も見える。 (2007年12月24日 Kuala Woh, Malaysia Olympus E-330, 14-54mm)


▲少し背景をブラしてスピード感を出してみた。 (2007年12月24日 Kuala Woh, Malaysia Olympus E-330, 14-54mm)


▲アカエリトリバネの雌雄の追飛行動。7マイル(Kuala Woh)ではメスを全く見なかったが、19マイル周辺では何頭となく見かけた。 (2007年12月25日 19mile, Malaysia PENTAX *ist DS, 70-300mm)
謹賀新年
新年あけましておめでとうございます。
本年も、よろしくおねがいいたします。

さて、さきほど日本に帰国いたしました。
マレーシアでは天候にも恵まれ、1日も雨に降られることなく(夕方のスコールは何度かありましたが)連日楽しく過ごすことができました。
撮影してきた画像は追々紹介していきたいと思います。


▲アカエリトリバネ♂。Kuala Woh(7マイル)はアカエリトリバネが吸水集団を作ることで有名だが、そのポイントは現地の人々の憩いの場でもあって、水遊びやハイキングに訪れる人で賑わっている。 (2007年12月25日 Kuala Woh, Malaysia Olympus E-330, 14-54mm)
<< 前のページ | 1 2 3 4 5 | 
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
探蝶逍遥記 ― ヒメウラナミジャノメの飼育メモ
鳥蝶ビデスコ ― びっくり!
てくてく写日記 ― 埼玉のベニシジミなど
ありんこ日記 AntRoom ― 巨大フトハリアリの女王の見分け方
津軽半島の自然 ― 富士山撮影の旅・・・?本栖湖番外編・・・
北のフィールドノート ― 縫道石山・加藤沢沼・地名考
小畔川日記 ― 小畔川便り(新たなムラサキ兄弟の越冬場所:2019/12/8-11)
蝶の玉手箱 ― 台湾遠征21(ルリタテハ)
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― コールド・ムーン
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数