過去の記事
2017 | 01 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
 | 1 2 3 4 5 6 7 ... | 次のページ >>
タイのキララシジミ

Simiskina phalia のオス


Poritia hewitsoni のオス


P. hewitsoni のやや小振りなオス。どういうわけかキララシジミ類は小型個体ほど黒化しやすい。



P. hewitsoni の交尾と、離れた直後の様子。朝のディスプレイ行動が終わりかけた頃、オスの占有空間にメスが飛んできて交尾を開始した。交尾時間は1時間半ほど。

2016年12月 タイ中部
クロテンフユシャク

クロテンフユシャク Inurois membranaria の交尾

2016年11月19日 八甲田山
チャバネフユエダシャク

チャバネフユエダシャク Erannis golda の交尾


尾端を伸ばして性フェロモンを放出するメス






ウスタビガ

ウスタビガ Rhodinia fugax のオス(暗化個体)

2016年10月09日 八甲田山
ヤマトシジミ
どこかでほそぼそと生を繋いでいたのか、一度滅びて再侵入したのか分かりませんが、ここ数年姿を消していた深浦町のヤマトシジミが再び現れました。見られた異常型は1♀のみで、やはり昔ほど高い出現頻度ではなさそうです。


ヤマトシジミ Zizeeria maha の斑紋異常型メス

2016年10月01日 深浦町
 | 1 2 3 4 5 6 7 ... | 次のページ >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
北のフィールドノート ― オオセグロカモメ
蝶の玉手箱 ― ヒロオビミドリシジミの卵
虫つれづれ@対馬v2 ― アリヅカコオロギの一種
津軽半島の自然 ― 母ザルと子ザル・・・
小畔川日記 ― 小畔川便り(モンキチョウの絡み:2017/2/19.20)
虫とり日記3 ― 今日は
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― うめだのうめだ
呑むさん蝶日記 ― 完全休養日@自宅
てくてく写日記 ― 埼玉のヤマトシジミなど
投稿者
ze_ph(記事数:1181
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数