過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
 | 1 2 | 次のページ >>
1/2ページ 
ハズレ年・・・かも
 こんなこと考えたくもないのですが、今年はゼフィルスのハズレ年、それも、ちょっとやそっとじゃないくらいのハズレ年かもしれません。
 (ゼフィルスの見られなかった日は)まだ発生が始まっていなかったんだろう・・・(数頭かしか見られなかった日は)まだ発生初期なんだろう・・・仮にハズレ年なのだとしても少なすぎる・・・と、そう思い続けてきたのですが、さすがにそろそろおかしい。ハヤシミドリの発生が始まっているのにキタアカは日に2〜3頭(例年の1/5以下)しか見られないし、父と合わせて7回も通ったのにフジミドリはまだ見られていないし・・・。例年ならジョウザンミドリが乱舞するポイントで、スレたジョウザンミドリの雌雄をほんの数頭だけ見た、という話も聞こえています。
 そういえば、冬にゼフ卵を探したとき、やけに数が少ないとは思ったのですが、まさかここまで酷いことになるなんて。
 岩木山のゼフィルスはまだ始まっていない(と思う)のでどうなるか分かりませんが、もしこの調子でどこもゼフが不作だったら、今年の夏は何をして過ごそうか本気で悩んでしまいます。

▲キタアカシジミ。父撮影。 (2008年06月26日 青森県つがる市 Nikon D40, 150mm)


▲ハヤシミドリシジミ。父撮影。 (2008年06月26日 青森県つがる市 RICOH GR DIGITAL)


▲ハヤシミドリシジミ。父撮影。 (2008年06月26日 青森県つがる市 RICOH GR DIGITAL)


▲ヒメシジミ。父撮影。 (2008年06月22日 青森県弘前市 Nikon D40, 150mm)


▲ヒメシジミ。父撮影。 (2008年06月22日 青森県弘前市 RICOH GR DIGITAL)


▲ゴイシシジミ (2008年06月21日 青森県つがる市 CASIO EXILIM PRO EX-F1)
ゲンジボタル 3日連続で行ってみた
 昨日の夜も、またゲンジボタルを見に行きました。これで3日連続です。さすがに今日は、(昨日の撮影中の虫刺されで右頬と右手が尋常じゃなく腫れ上がってしまっていることもあって)行かなかったけど・・・。
 ホタルの写真を撮るのは初めてなので、とにかく全てが試行錯誤。でも、昨日はちょっとコツが掴めてきたような手応えがありました。もうちょっと慣れれば、思ったような写真が撮れるようになるようなるかもしれません。


▲ゲンジボタル♂。活動を開始したばかりで、まだ空は薄明るい。 (2008年06月22日 青森県平川市 Nikon D200, 17-70mm)


▲ゲンジボタル♂。日没直後の薄明るいうちから光っている個体もいた。 (2008年06月22日 青森県平川市 Nikon D200, 17-70mm)


▲ゲンジボタル♂ (2008年06月22日 青森県平川市 Nikon D200, 17-70mm)
ゲンジボタル
 昨日(20日)の夜、大学の友達3人と一緒に灯火採集へ行きました。灯火採集自体の成果はイマイチで、狙いのミヤマクワガタは小型個体が1頭採れただけ。
 しかし、その途中、偶然ゲンジボタルのポイントを見つけました。全く予想外の収獲です。今までゲンジボタルは、探せば数頭飛んでいるのが見える・・・くらいの状態でしか見たことがなかったので、何十頭もが飛び交う様子を見て、感動してしまいました。
 そして今日も、昨日見つけたゲンジボタルのポイントへ行ってきました。ちょっと癖になりそうです。


▲ゲンジボタル♂の飛翔 (2008年06月21日 青森県平川市 Nikon D40, 17-70mm)
ベニモンマダラの幼虫

▲ベニモンマダラの幼虫。父撮影。 (2008年06月14日 青森県青森市 Nikon D40, 150mm)


▲ギンイチモンジセセリ♀。父撮影。 (2008年06月14日 青森県青森市 Nikon D40, 150mm)


▲ギンイチモンジセセリの産卵。父撮影。 (2008年06月14日 青森県青森市 Nikon D40, 150mm)


▲シロスジカミキリ♀。父撮影。 (2008年06月14日 青森県青森市 RICOH Caplio R7)
ハンノアオカミキリ
 梵珠山へ行ったのですが、本命のフジミドリに振られてしまってガックリ。手ぶらで帰るのも嫌なので、目に付いた昆虫を適当に撮影してきました。
 とにかくヒオドシチョウの前蛹と蛹が多かったです。僕は小さい頃から毎年何度も梵珠山へ通っていますが、ヒオドシチョウがこんなに多くなったのは、ほんのここ数年のこと。それ以前は、ほとんど見かけることの無い蝶でした。


▲アンノアオカミキリ (2008年06月15日 青森県梵珠山 Nikon D200, 150mm)


▲建物の屋根裏には、大量のヒオドシチョウの蛹・前蛹がぶらさがっていた。 (2008年06月15日 青森県梵珠山 Nikon D200, 150mm)


▲至る所でヒオドシチョウの蛹が見られた。多くは目に付きづらい茂みの中で蛹化しているが、気を付けて見てみると、とにかく大量に見つかる。 (2008年06月15日 青森県梵珠山 Nikon D200, 17-70mm)


▲蛹化直後の蛹。試しに触ってみると、予想以上に柔らかかった。体節間がまだ伸びていて、幼虫のような模様も見られる。 (2008年06月15日 青森県梵珠山 Nikon D200, 17-70mm)


▲スジベニコケガ (2008年06月15日 青森県梵珠山 Nikon D200, 17-70mm)
 | 1 2 | 次のページ >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
呑むさん蝶日記 ― なんやかんや@週末
活動日記 ― 12月9日自然教室
虫とり日記3 ― のんびり
蝶&鳥日記 2 ― 12月16日(曇)タイトル:3日共地元
津軽半島の自然 ― 吹雪の中の小鳥たち・・・
北のフィールドノート ― キクガシラコウモリのコロニーでの動画
てくてく写日記 ― 川越のムラサキシジミなど
蝶の玉手箱 ― 2017年12月上旬 カワセミ2
ふしあな日記 ― とある神社の…
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数