過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
 | 1 | 
1/1ページ 
ヒメクロオビフユナミシャク
ヒメクロオビフユナミシャクは、ブナを食樹とする深山性のフユナミシャクで、いわば冬尺蛾界のフジミドリシジミのような存在です。メスの翅を退化させることで寒冷な気候に適応したフユナミシャク類の中では、この種のメスの翅が抜きん出て大きく(けど勿論飛べない)、なんというかロマン溢れる形態をしています。かねてより憧れていた種類なのですが、昨年までは探しても空振りを続けていました(今思えば行く時期が遅すぎた)。2日間連続で観察して、いずれの日も多数のオスと5-6個体のメスを発見できました。


ヒメクロオビフユナミシャク Operophtera crispifascia の交尾


オス


メス




尾端を突き出してコーリング(雌性フェロモンの放出)をするメス。午後7時頃。



2015年10月 八甲田山
ウスタビガ

ウスタビガ♂ Rhodinia fugax




やや黒化した個体


 | 1 | 
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
呑むさん蝶日記 ― なんやかんや@週末
活動日記 ― 12月9日自然教室
虫とり日記3 ― のんびり
蝶&鳥日記 2 ― 12月16日(曇)タイトル:3日共地元
津軽半島の自然 ― 吹雪の中の小鳥たち・・・
北のフィールドノート ― キクガシラコウモリのコロニーでの動画
てくてく写日記 ― 川越のムラサキシジミなど
蝶の玉手箱 ― 2017年12月上旬 カワセミ2
ふしあな日記 ― とある神社の…
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数