過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
 | 1 2 3 4 | 次のページ >>
1/4ページ 
Inurois
 今日も様子見のつもりで弘前公園へ行きました。フユシャクは一部の種を除いて日中にはあまり目立たず、夜間に探す方がずっと効率的。こうして昼間に行くのは、発生状況の確認と撮影のため。
 一昨日のどしゃ降りのせいか、個体数は多くありませんでしたが、ウスバフユシャク類 Inurois ばかり何頭となく見かけました。いよいよInuroisしか見られない季節が訪れてしまったようです。


ウスバフユシャク ― 2009年11月29日 青森県弘前市


この個体はヤマウスバフユシャクなのかウスバフユシャクなのか。全体的に赤みの弱いところはヤマウスバ的。でも、それにしては、とも思うからウスバなのかな。 ― 2009年11月29日 青森県弘前市

 今までにも何度となく書いて(愚痴って)きましたが、Inuroisの分類はとにかく難しい。個体変異の幅が広いくせに、種差は明確でなく、そのうえ同所的に複数種が生息します。津軽の山地で見られるInuroisはクロテンフユシャクとウスモンフユシャクの2種が多く、今のところ同定に苦労していないのですが、問題は低地のInuroisです。一番の普通種であるウスバフユシャクは変異幅がとても広いことで知られ、この種の個体変異に惑わされているのだろうとは思いつつ、どうにも変わった個体が多いので、頭をかかえています。時期によって斑紋傾向が異なるような気もするし本当に全部ウスバなの?


ウスバらしきInuroisの中で、一番分からないのがこのタイプ。イチモジフユナミシャクの時期はこのタイプが目立つのに、その前後あまり見かけないような。うーん、気のせい? ― 2009年11月22日 青森県弘前市
雑記
 フユシャクの発生もひと段落ついて、これから見られるのは低地のInuroisくらい。ここ数日はあちこち出歩かず、ゼミの先輩のお手伝いをして過ごしました。来週あたり、弘前公園のInuroisとにらめっこしてみようかな。

 丸山さんのブログで「3年生と4年生がみんな貞操観念という言葉を知らず、新鮮な思いをした」といった旨のことが書かれていて、ちょっとびっくり。僕も現役の大学3年生ですが、日常で使う言葉かどうかは別として、周りが知らないとは思えません。その場の空気で、知らない、ということにしただけなのでは。僕らの世代は、普段あまり使わない言葉なだけ、余計に慇懃無礼でむっつりなニュアンスを感じるのかも。

 訳あって、いま画像の整理中です。ハードディスクの片隅に眠っていた画像を一枚。


オオモンシロチョウ ― 2008年07月12日 青森県東津軽郡

 そういえば今年、オオモンシロの多いところにあまり行かなかったな。オオモンシロは、十数年前、ロシア沿海州から北海道と青森に侵入して以来、分布の拡大が心配されてきました。しかし、近年はほとんど分布を広げておらず、青森県内でも発生地は青森市から太平洋沿岸にかけてにほぼ限定されます。僕の住んでいる津軽ではまず見かけません。

 ところで、そろそろ撮影機材を買い増そうと思っています。ニコンのD200とシグマの150mmマクロは、それはそれで気に入っているのですが、重くて大きいし、高感度画質は時代遅れだし、小回りが利かないし、ましてマクロレンズが1本しかないのは父と同時に使うとき困るしで、いろいろ不便。D90と、来週発売されるニコンの85mmマクロがかなり気になっています。キャッシュバックキャンペーンも相まって、85mmマクロは発売後しばらく格上の60mmマクロとほとんど価格差がないだろうし、他にもいろいろ心配な部分はあるけれど
シロオビフユシャクの交尾
 シロオビフユシャクは去年ろくな写真が撮れなかったので、この写真でちょっぴり幸せな気分になれました。オスも弘前公園で見かけるシロオビの中では模様の豪華な部類で、そこもまた良し。


2009年11月23日 青森県弘前市
フタスジフユシャク
 一見して「これがフタスジフユシャクか!」と思い、喜んで撮影した(フタスジだとすれば初見)のがこの写真。しかし、家に帰って画像とにらめっこするうち、どうも同定に自信が持てなくなり、フユシャク研究の第一人者、中島さんにメールしました。
 中島さんからの回答は、フタスジではなくウスバフユシャク。写真だけでは断言できないとのことでしたが、フタスジはもっと赤みが弱いのだそうです。うーん。やっぱりInuroisは難しい。それとも、僕に蛾を同定するセンスがないだけなんだろうか

12/08追記:後日、中島さんに現物を送ったところフタスジフユシャクとの回答をいただきました。フタスジとしては、かなり赤みの強い個体とのこと。


2009年11月17日 青森県鰺ヶ沢町

イチモジフユナミシャクの白と黒

普通型ペアの交尾 ― 2009年11月22日 青森県弘前市


黒化型♀の交尾 ― 2009年11月22日 青森県弘前市
 | 1 2 3 4 | 次のページ >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
鳥蝶ビデスコ ― 川まつり
ありんこ日記 AntRoom ― ブルドックアリの新女王誕生!
蝶&鳥日記 2 ― 8月21日(晴)タイトル:キアゲハとナミアゲハ
NATURE DIARY ― 20170805 真夏の散歩道:山里の青ゴマと黒ゴマ
四季彩散歩 ― 8月20日“何度も・・・”
活動日記 ― 7月22日・8月5日:イシガケチョウの占有行動
蝶の玉手箱 ― 2017年8月中旬 雑木林の樹液酒場
虫つれづれ@対馬v2 ― トゲグモ
小畔川日記 ― オオミスジの産卵とムモンアカ(2017/8/6)
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数