過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
 | 1 | 
1/1ページ 
Tajuria cippus
Tajuria属は、寄生植物のヤドリギ類を専食するシジミチョウの中でも特殊な一群です。幼虫、蛹もなかなか見ごたえのある姿をしています。それに大きい。昨年撮影したチョウの中で、最も嬉しかったもののひとつ。



Tajuria cippus


終齢幼虫と、それに随伴するアリ


終齢幼虫


蛹には帯糸がなく、尾部だけで体を支えている

2013年12月30-31日 Dayang Bunting Island, Malaysia
 | 1 | 
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
世界のブナの森 ― オリエントブナ林のシャクナゲ
北のフィールドノート ― アウトの合同フェイクタイトル・国立環境研究所と弘前大学、『白神でも、温暖化によって』
蝶の観察記録その2 ― 新潟県のギフチョウ(2018年4月中旬)
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― 昨夜は呑んだ!呑んで!呑んで!呑みまくった!
小畔川日記 ― 新潟ギフ(イエローテイルの求愛と再交尾:2018/4/12)
探蝶逍遥記 ― ツマキチョウの産卵:その2(4月中旬)
愛野緑の撮影記録 ― 2018年04月20日 中信地方のヒメギフは
ふしあな日記 ― ミズバショウ
虫つれづれ@対馬v2 ― ミリ虫-64 ムナビロツヤドロムシ
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数