過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前のページ | 1 2 3 4 | 次のページ >>
3/4ページ 
ハケゲアリノスハネカクシ

▲ハケゲアリノスハネカクシとそれを運ぶクロヤマアリ(4月30日 青森県黒石市 PENTAX *ist DS,改造レンズ)


▲キベリトゲトゲの交尾(トゲトゲではなくトゲハムシと呼ぶこともある。体長5mm前後。)(5月6日 青森県深浦町 PENTAX *ist DS,改造レンズ)

この写真も訳あって掲載するのが遅くなってしまいました。(あ、キベリトゲトゲの写真は出すタイミングを逃しただけですけれど。)
(1枚目の写真)なんとなく雰囲気が好蟻性の昆虫っぽいな・・・好蟻性のハネカクシか何かかな・・・?とまでは思ったのですが、それ以上のことが調べられそうにありません。そういうわけで前記事のコウモリ同様、その道の方に画像をメールに添えて尋ねてみました。
その方は好蟻性昆虫(アリを利用する昆虫のこと)やアリを専門に研究していらっしゃる方で、シカゴの博物館に所属なさっています。
ホームページ、Blogともに素晴らしい内容で、好蟻性昆虫に興味のある方は勿論、興味のない方もこのサイトを見ると目に映る世界が変わるのではないかと思います。(ちなみに、僕のアリノスシジミの画像もそのホームページ内で使用されています。)

ホームページ: http://www.myrmecophile.net/
ブログ: http://d.hatena.ne.jp/maruyamana/

さて、その方からの回答ですが、(以下、メール本文抜粋)

添付の写真ですが、珍種のハケゲアリノスハネカクシです。きれいな写真ですね。ヨーロッパ産同属種では、冬の間をクシケアリの巣で過ごし、春になるとクロヤマアリの巣に移動することがわかっており、日本産種も同様の行動をとると思われます。また、移動の際には、巣の前で匂いを出し、それに釣られたアリが巣に運び入れます。幼虫はアリの幼虫を食べるほか、アリから給餌を受けます。日本産種に関しては非常に観察例が少なく、貴重な記録です。

とのことでした。
どうやら、2種のアリの巣を使い分ける、おもしろい生態をした好蟻性ハネカクシだったようです。
コテングコウモリの昼間行動

▲コテングコウモリ♂。コウモリの昼間行動の正式な記録は、日本ではまだ無いらしい。(5月5日 青森県黒石市 PENTAX *ist DS2,14mm)


▲同一個体(5月5日 青森県黒石市 PENTAX *ist DS2,14mm)


▲同一個体。アブの1種を捕らえたところ。(5月5日 青森県黒石市 PENTAX *ist DS2,14mm)


▲同一個体。こうして地面に着地してから昆虫を捕えていた。父撮影。(5月5日 青森県黒石市 PENTAX *ist DS,105mm)

コウモリを専門で調べている方に確認をとってからブログに掲載したかったため、出すのが少し遅くなってしまいました。(そういうわけで、ちょうど1週間前の写真です。)
これは、コテングコウモリという小型のコウモリなのだそうで、羽をたたんだ時の大きさはハムスター程度。
昼間蝶を探して歩いている最中に、パタパタと飛んでは地面にとまり、を繰り返しているこのコウモリを父が見つけました。
最初飛んでるのを見た時はまさかコウモリだなんて想像もつかず、アリスイか何か(アリスイも実物は見たことないから、どんなふうに飛ぶのかは知らないけれど)かと思いました。
勿論コウモリは専門外ですが、昼間に飛ぶコウモリなんておかしい!というで、2時間以上追いかけ続け、写真だけは丁寧に沢山撮っておきました。
後日、専門家の方に写真を見せて尋ねてみたところ・・・

最近世界的にコウモリの昼間活動が問題視されているけれど、日本では正式な記録がまだない。
また、コテングコウモリは空中で昆虫を捕えるのではなく地面で捕えている可能性も高いという話はあったけれど、それも正式な目撃例は皆無。
とても貴重な記録になるから、哺乳類学会への発表を。

・・・とのことでした。
どうやら、随分と凄いものを見てしまったようです。
トラフシジミ

▲トラフシジミ♂開翅(5月12日 青森県黒石市 PENTAX *ist DS2,14mm)


▲トラフシジミ♂。上の写真と同一個体。(5月12日 青森県黒石市 PENTAX *ist DS,105mm)


▲ヤマトスジグロシロチョウ♂(5月5日 青森県黒石市 PENTAX *ist DS2,14mm)


▲スジグロシロチョウ♀(5月9日 青森県弘前市 PENTAX *ist DS,105mm)


▲ルリシジミ♂(5月9日 青森県弘前市 PENTAX *ist DS,105mm)
ムモンアカは何を食べているのか

▲ムモンアカシジミ1齢幼虫とその周りに集まるクロクサアリ(5月6日 青森県深浦町 PENTAX *ist DS,改造レンズ)


▲アリと幼虫は何らかのコミュニケーションをとっているようにも見えることがあるが、アリが口移しに餌を与える様子はない。(5月6日 青森県深浦町 PENTAX *ist DS,改造レンズ)

前回の観察(5月3日)から3日後の5月6日、再度同じ場所へムモンアカシジミの幼虫を見に行きました。
このカシワはいまだに芽吹いておらず、同じ木に産卵されていたウラジロミドリやハヤシミドリの卵はまだ孵化していません。そんな状態のカシワでムモンアカの1齢幼虫が何を食べているのか調べるべく、ルーペを持参しての観察を試みました。
現地で見つけた幼虫は5頭。1齢の後期まで成長している個体も見られました。
その5頭の幼虫を5時間にわたって観察したにも関わらず、クロクサアリから口移しで餌を受け取る様子は見られません。(アリに対して口器を近づけたり、口器を持ち上げたりと何らかのコミュニケーションをとるような行動は見られましたが、キマダラルリツバメのような餌物質の授受は無いようでした。)
どうやら、アリが餌を与えている可能性は低そうです。


▲何らかの糸状物質で(画像ではアリに隠れて見えないけれど)口器を動かすムモンアカシジミ1齢幼虫。(5月6日 青森県深浦町 PENTAX *ist DS,改造レンズ)

そんな中、何らかの糸状物質(菌類?クモの巣?)や地衣類に口器をつける様子が観察されました。
断定は出来ませんが、ルーペで見た限りにおいては口器を動かしているように見えました。
もしかしたら、こういったものを何でも構わずに食べて過ごしているのかもしれません。
そもそもムモンアカシジミの幼虫はかなりの広食性だと聞きますし、可能性は低くないかなと思います。


▲カイガラムシに口器をつけるムモンアカシジミ1齢幼虫とクロクサアリ。(5月6日 青森県深浦町 PENTAX *ist DS,105mm)

5時間の観察で全5頭のうち1頭が1度だけ、カイガラムシに近づいて数分間その分泌物を摂取しました。
しかし、5時間にもわたって5頭の幼虫を観察し続けたにも関わらずこの行動は1度しか見られなかったことを考えると、カイガラムシの分泌物がメインの摂取物となっているとは考えにくいのでは?と思います。
当然今回の観察では日中の行動しか見ていないわけで、夜間の行動が気になるところではありますけれど・・・。



つい先日、中学の頃から愛用していたPCがついに壊れ、起動しなくなりました。
そのPCは最近かなり動作がおかしくなっていたので新しいPCを注文していたのですが、新しいPCが届いた丁度その日に壊れてしまいました。
まだデータを移動させる前のことだったので、ぎりぎりアウトタイミング・・・。
しかし故障箇所を調べてみるとどうやらメモリーがショートしている様子。ハードディスク自体は無事だったので、本体からハードディスクを抜き取り急遽買ってきたハードディスクケースに入れ新しいPCと接続する事で事無きを得ました。
危ない、危ない・・・。
そういうわけで、Blogの更新も遅くなってしまいました。
ムモンアカシジミ

▲カシワ枝上のムモンアカシジミ初齢幼虫とクロクサアリ。背後に落葉せず残っているカシワの前年葉がみえる。(5月3日 青森県深浦町 PENTAX *ist DS,改造レンズ)


▲上の写真と同一の個体(5月3日 青森県深浦町 PENTAX *ist DS,改造レンズ)

今日は、久々に深浦方面へ向かいました。
昨年10月にムモンアカシジミの卵を観察したカシワの木の様子を見るのが主目的。
そのついでに、キアゲハやベニシジミ、ヤブキリの幼虫なんかを撮影して楽しむつもりでいました。
しかし現地に着いてみると、どんよりとした曇り空。風も強く、車の外に出ると寒くて震えが出てきます。
どうもほとんどの虫は活動できそうにない状態だったので、他の撮影は諦め、ムモンアカの観察に集中することにしました。
ムモンアカは丁度孵化が始まったところだったようで、孵化後間もないと思われる幼虫が2頭、孵化後1日前後時間が経っていると思われる幼虫が1頭見つかりました。
でも、カシワの芽吹きはまだ先の話。そのカシワの木には去年の枯れ葉が残っているだけで、新芽はまだ全く出ていません。
それなのに、他の幼虫より一回り大きく育った幼虫が見つかっています。
一体、何を食べて育っているというのでしょうか。


▲海沿いの焼きイカ店通り(5月3日 青森県鯵ヶ沢町 RICOH GR DIGITAL)

天気が冴えないので、現地を早めに切り上げ帰路につきました。
あまりに帰りが早いので、道の途中にある焼きイカ屋に少し寄り道。
ひさしぶりに焼きイカを買って食べました。前回食べた時は、まだ小学生の頃だったような気がします。いつも通っている道沿いに店は並んでいるのですけれど・・・。
1パイ250円。弘前公園でくじ引き1回200円なのを考えると、随分良心的な価格設定ではないかと思います。
焼きイカなんて・・・と思っていましたが、久々に食べてみると美味しいものですね。


▲弘前公園の桜(5月3日 青森県弘前市 RICOH GR DIGITAL)

そうして寄り道しながら帰ったにも関わらず、いつもより早く家に着いてしまったので、弘前公園へ花見に行きました。
といっても、僕はもう今年5回目の花見だったのですけれど・・・(苦笑)
園内のソメイヨシノはちょうど満開。少し散り始めている所もありました。
<< 前のページ | 1 2 3 4 | 次のページ >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
ありんこ日記 AntRoom ― オキナワアギトアリの狩り
愛野緑の撮影記録 ― フユシャクの♀を撮影
虫とり日記3 ― 12月7-8日 山梨に行ってきました。
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― 大王具足虫ぢゃ!!!
北のフィールドノート ― エゾホトケとキタドジョウ,芦崎調査の記録として
小畔川日記 ― 小畔川便り(ムラサキツバメの越冬集団:2019/12/4.5)
鳥蝶ビデスコ ― イカルチドリ
呑むさん蝶日記 ― 冬の夜長にこの一冊
蝶の玉手箱 ― 八重山遠征
津軽半島の自然 ― 速報・・・でました「火の鳥」・・・
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数