過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
マレーの生活
 このサイト(ラオスとラオスは永遠に)が、とにかく面白いです!!
 マルヤマさんのBlog「断虫亭日乗」で紹介されていて知ったのですが、夢中になって読んでしまいました。
 マレーシアは日本人にも暮らしやすい良い国なのですが、その反面、自然破壊は深刻で、環境を選ばなければ昆虫をまともに見ることはできません。また、人々の暮らしぶりもラオスなどと比べるとかなり近代化が進んでいて、首都クアラルンプールなどでは、青森なんかでは見られないような高層ビルが何本も建っています。
 しかし、少し田舎に行くと、それこそ熱帯アジアらしい光景も見られます。そこで暮らしたいかと聞かれるとYESとは答えられませんが、たまに見る分にはなかなか面白く、少し考えさせられる部分もあります。
 

▲市場の魚屋。さすがにインドネシアの魚屋ほどではないけれど、熱帯らしい魚が目立つ。ただ、淡水魚がメインだったので、色合い的には少し地味。御世辞にも衛生的とは言えず、少し生臭い。 (2007年12月24日 Cameron Highland, Malaysia RICOH Caplio R7)


▲ティラピアの仲間。日本でもイズミダイなどの呼び名で食用として流通している。僕自身食べたことは(多分)ない。味は鯛に似て、結構美味しいらしい。そういえば、以前TV番組「人気者でいこう!」の芸能人格付けチェックで、この魚と鯛とを食べ比べるという問題が出ていたけれど、多くの出演者が間違えていた。 (2007年12月24日 Cameron Highland, Malaysia RICOH Caplio R7)


▲ランプータン。実の付いた枝を1kg毎に束ねて売るのが普通らしい。味はライチに似ていて結構美味しいけれど、余程よく熟していないと皮が取れにくく食べづらい。マレーシアでは、下手にジュースや水を買って飲むより、このようなフルーツを買って食べた方が値段的にも味的にも満足度が高い。 (2007年12月24日 Cameron Highland, Malaysia RICOH Caplio R7)


▲竹籠を作る女性。運転手さんが初日の朝一番に工房に連れて行ってくれた。Kuala Wohのアカエリポイントのすぐ近くだったから、アカエリを見る前にちょっと観光を・・・という、彼なりの計らいだったのかもしれないけれど、マレーシアに着いてまだ何もチョウを見ていない状態で竹籠の工房に連れて行かれた時には、さすがに少し戸惑った。 (2007年12月24日 Cameron Highland, Malaysia RICOH Caplio R7)


▲水浴びを楽しむマレーの子供たち。この周りでアカエリトリバネが吸水集団をつくる。 (2007年12月24日 Kuala Woh, Malaysia Olympus E-330, 14-54mm)


▲上手く隠蔽擬態しているバッタの仲間。アカエリトリバネが吸水集団を作っている川辺の石の上でぽつぽつ見かけたのだけれど、陸にある石ではなく、川から頭を出している石の上(当然その石の周りは河水)でよく見つかった。どういう生態をしているのか気になる。 (2007年12月24日 Kuala Woh, Malaysia Olympus E-330, 14-54mm)


▲広大な茶畑。一見綺麗に区画が整えられているように見えるが、よく見ると、勾配の急な場所では繁雑に植え付けられている。 (2007年12月25日 Cameron Highland, Malaysia RICOH Caplio R7)


▲ロープを伝わせて、対岸に荷物を運んでいた。 (2007年12月27日 Cameron Highland, Malaysia RICOH Caplio R7)

※私信にて御指摘を頂き、過去の記事に一部加筆・訂正いたしました。
3月8日の記事 コメツキムシの仲間 → Eulichas incisicollis (ドロムシ上科 Eulichadidae科)
2月25日の記事 Loxura sp. → L. cassiopeia
この記事のトラックバックURL  http://ze-ph.sakura.ne.jp/zeph-blog/tb.php?187
コメントする
*は必須項目です。







<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
虫つれづれ@対馬v2 ― クロハナコメツキの仲間?
ありんこ日記 AntRoom ― ヒアリにそっくり!? 沖縄のシワヒメアリ
虫とり日記3 ― 関東地方に春一番が吹きました。
呑むさん蝶日記 ― ブルー☆彡初見@久留米市(笑)
小畔川日記 ― 小畔川便り(モンシロチョウ初見:2020/2/13・18)
鳥蝶ビデスコ ― 本日、イベント2件
てくてく写日記 ― 埼玉のモンシロチョウなど
愛野緑の撮影記録 ― 2020年02月21日 フッチー
蝶の玉手箱 ― マレーシア遠征10(カギシロサカハチシジミ)
探蝶逍遥記 ― 本体HP「東南アジアの蝶ファン倶楽部」更新
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数