過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
オナガアカシジミ
 前回Blogを更新した後に気が付いたのですが、ヒメシロオビヒカゲ(Lethe confusaの斑紋が少しおかしいような気がします。図鑑に載っている写真では、他のジャノメと同様、眼状紋中心に白いスポットがあるのですが、撮影した個体はどちらも、その白いスポットがありません。ウラジャノメで言うところの、メナシウラジャノメと同じ傾向の変異のような気がするのですが、この種だとこういう個体もよく見られるものなのでしょうか? 2頭は斑紋も異なっていて明らかに別個体なのですが、どちらも見ての通り新鮮な羽化したての個体で、しかも20mも離れていない地点で見つかっているので、もしかしたら撮影地点のすぐ近くで発生した兄弟なのかもしれません。


▲オナガアカシジミの一種(Loxura sp.)。[3/6追記:L. cassiopeiaだろうとのこと。]父撮影。 (2007年12月28日 Kinta Highland, Malaysia PENTAX *ist DS, 105mm)


▲オナガアカシジミの一種(Loxura sp.)。[3/6追記:L. cassiopeiaだろうとのこと。]父撮影。 (2007年12月28日 Kinta Highland, Malaysia PENTAX *ist DS, 105mm)

この記事のトラックバックURL  http://ze-ph.sakura.ne.jp/zeph-blog/tb.php?175
Commented by えいきち at 2008/02/26 11:17
外国の蝶の和名が分からないもの沢山あります。
実はこのシジミもそうでした。
で、自分で「オナガアカシジミ」と呼んでいました。
これ見て、「わーお」って。
すでにこの名前で呼ばれているのですね。
でも驚くことはないか。見たままだもんなあ。(^_^;)
Commented by ze_ph at 2008/02/27 01:21
えいきちさん
うちでも知らないうちからオナガアカシジミと呼んでいました(笑)
他にもっと適切な和名があるかもしれませんが・・・
父には、もっと別の名前は無かったのかと言われました(苦笑)
コメントする
*は必須項目です。







<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
北のフィールドノート ― オジロワシの舞い
ありんこ日記 AntRoom ― アリを食うヒメグンタイアリ
蝶の玉手箱 ― 台湾遠征36(ルリマダラ)
呑むさん蝶日記 ― ほりでぃ いん かんさい The Final
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― ダンゴムシの次はカメぢゃ!!!
鳥蝶ビデスコ ― コチョウゲンボウ
四季彩散歩 ― 1月21日“Happy 8th birthday!”
てくてく写日記 ― 埼玉のモンキチョウ(新生蝶)など
小畔川日記 ― 小畔川便り(2020/1/10、13)
愛野緑の撮影記録 ― 2020年1月17日 狭山丘陵だより フユシャク
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数