過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前のページ | 1 2 3 4 5 6 7 ... | 次のページ >>
ウスタビガ

ウスタビガ Rhodinia fugax のオス(暗化個体)

2016年10月09日 八甲田山
ヤマトシジミ
どこかでほそぼそと生を繋いでいたのか、一度滅びて再侵入したのか分かりませんが、ここ数年姿を消していた深浦町のヤマトシジミが再び現れました。見られた異常型は1♀のみで、やはり昔ほど高い出現頻度ではなさそうです。


ヤマトシジミ Zizeeria maha の斑紋異常型メス

2016年10月01日 深浦町
ハイイロセダカモクメ

ハイイロセダカモクメ Cucullia maculosa の終齢幼虫

2016年10月02日 八甲田山
シンジュキノカワガ
大陸から飛来する南方系の遇産種。深浦町で一時発生している場面に遭遇しました。


羽化して間もないシンジュキノカワガ Eligma narcissus のオス






終齢幼虫


何かの拍子に脱落した個体がジョロウグモに捕食されていました


かじり取った樹皮を吐糸で綴り合わせ、頑丈な繭を造ります


食樹(ニワウルシ)の幹に造られた3つの繭





メスの羽化

2016年09-10月 深浦町(成虫は飼育羽化させたもの)
カシワスカシバ

カシワスカシバ Scasiba rhynchioides のオス。畑のクリに強く依存している種類で、それ以外のホストは知られていません。


メス


産卵


17時を過ぎた頃、メスがコーリングを始めるやいなや、すぐにオスが飛んできて交尾が成立しました。小雨のぱらつく天気で、辺りはほぼ真っ暗。

2016年09月23-24日 茨城県
<< 前のページ | 1 2 3 4 5 6 7 ... | 次のページ >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
虫つれづれ@対馬v2 ― アオゴミムシの仲間 Chlaenius sp. →ムナビロアトボシアオゴミムシ
呑むさん蝶日記 ― 洛外のキマリン
90% Papillon -蝶の写真を撮っています- ― 羽化して間もないキタキチョウ
てくてく写日記 ― 埼玉のオオウラギンスジヒョウモンなど
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― 平成30年版・洛中アサギマダラ・第七章
探蝶逍遥記 ― シロオビノメイガ(10月初旬&中旬)
権兵衛の蜻蛉雑録 ― ロープにとまるアキアカネ
津軽半島の自然 ― 下北半島に遠征・・・
小畔川日記 ― 秋の川原の蝶-3(2018/10/3)
蝶&鳥日記 2 ― 10月17日(曇一時晴)タイトル:タテハが一杯
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数