過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前のページ | 1 2 3 4 5 6 7 ... | 次のページ >>
2/9ページ 
隠れ上手なシャクトリムシ
 ノブドウの花に何やら違和感が近づいて確認してみると、花軸そっくりのシャクトリムシでした。たいして変わった格好をしているわけでもないのに、ここまで見事に隠れられると感心してしまいます。


2009年07月18日 青森県深浦町
モモイロツマキリコヤガ
 フェロモントラップをかけてスカシバガの飛来を待っていると、変わった格好の芋虫が目に付きました。家に帰ってから学研の日本産幼虫図鑑で調べてみると、どうやらモモイロツマキリコヤガの幼虫に似ています。幼虫形態の似た種が他にいるかどうか知りませんが、少なくとも近い仲間ではあるだろうと思います。
 モモイロツマキリコヤガの食草は、図鑑によるとサルトリイバラ。じゃあ、この幼虫は何に付いてたっけと思い返してみるのですが、記憶がありません。それもそのはず。クビアカスカシバが飛来し始めたのは、ちょうどこの幼虫を撮影している時でした。


モモイロツマキリコヤガ、あるいはその近縁種の幼虫 ― 2009年07月26日 青森県深浦町
シタキモモブトスカシバ

シタキモモブトスカシバ♀ ― 2009年07月26日 青森県深浦町


シタキモモブトスカシバ♂ ― 2009年07月26日 青森県深浦町
クビアカスカシバ
 キタスカシバは誘引トラップを使用する以前から何度となく見たことがあったのですが、クビアカスカシバは一度も見たことが無く、憧れの虫でした。クビアカスカシバはキタスカシバと双璧をなすスカシバガの大型美麗種で、一般には珍品の部類とされています。
 このスカシバの飛翔する姿は、とにかくコガタスズメバチそっくり。前胸部を黄色くすることで頭の小ささが補われていて、遠目に見極めるのは困難です。世界的に見ても、ハチに擬態したガの最高峰だと思います。

 このクビアカスカシバと同属に、ハチマガイスカシバという大珍品がいます。偶然的に見つかった個体が稀に記録される程度で、食餌植物から何から、生態は謎に包まれている状態です。いつか見つけてやりたい




2009年07月26日 青森県深浦町
キタスカシバ
 キタスカシバは言わずと知れた擬態ガの大型美麗種で、かつての珍品です。しかし、性フェロモンへの反応が執拗かつラフ(他種のフェロモンにもよく誘引される)なので、フェロモントラップが利用されるようになってからはよく見つけられるようになりました。どうやら、最近まであまり見つからなかったのは人の目に留まらないその生態によるらしく、寒冷地や山間部では、むしろどこにでもいる普通種のようです。とはいえ、フェロモントラップで得られるのは、もちろんオスだけ。メスは未だに珍品の座を守っています。


胸部や第2・3腹節の黄色みが強いオス ― 2009年07月26日 青森県深浦町


2009年07月26日 青森県深浦町
<< 前のページ | 1 2 3 4 5 6 7 ... | 次のページ >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― 大王具足虫ぢゃ!!!
北のフィールドノート ― エゾホトケとキタドジョウ,芦崎調査の記録として
ありんこ日記 AntRoom ― トワダオオカの黄金のサナギ!?
小畔川日記 ― 小畔川便り(ムラサキツバメの越冬集団:2019/12/4.5)
鳥蝶ビデスコ ― イカルチドリ
呑むさん蝶日記 ― 冬の夜長にこの一冊
蝶の玉手箱 ― 八重山遠征
津軽半島の自然 ― 速報・・・でました「火の鳥」・・・
蝶の観察記録-十勝蝶改め相模蝶の観察記録 ― グランベリーモール-南町田
蝶の観察記録その2 ― 川越市のムラサキツバメ・ムラサキシジミ(2019年12月上旬)
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数