過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前のページ | 1 2 3 4 5 6 7 ... | 次のページ >>
3/9ページ 
クロシジミ(3)
 クロシジミは、クロオオアリに育てられるという、特殊な生態をもつチョウです。日本には、アリと深い関係を持つチョウがクロシジミを含めて5種(クロシジミ、キマダラルリツバメ、ムモンアカシジミ、ゴマシジミ、オオゴマシジミ)います。これらは「アリ蝶」として一括りに扱われがちですが、このうちアリから給餌を受けるのはクロシジミとキマダラルリツバメの2種だけです。
 さて、このクロシジミですが、東北地方ではかなり危機的な状況にあるようです。青森県でもかつては太平洋側に局地的な発生地が存在していたらしいのですが、記録が途絶えて久しいと聞いています。

 先日、丸山さんの断虫亭日乗で、このブログが紹介されていました。世界のブナの森とある昆虫研究者のメモといった、普段愛読しているブログと並んで紹介されていて恐縮してしまうのですが、素直に嬉しいです。



今回の中で最も白かった個体とその翅表 ― 2009年07月20日 秋田県南部


2009年07月20日 秋田県南部


父撮影 2009年07月20日 秋田県南部
クロシジミ(2)

午前中は霧の中 ― 2009年07月20日 秋田県南部


2009年07月20日 秋田県南部



クロオオアリの隙を見計らって産卵する。写真は昨年のもの。 ― 父撮影 2008年07月20日 秋田県南部
クロシジミ(1)

2009年07月20日 秋田県南部
ウラジロミドリシジミ

OA紋の赤みが強い個体 ― 2009年07月12日 青森県つがる市


2009年07月12日 青森県つがる市
オオイシアブの仲間

小型のタマムシ類を捕食していた ― 2009年07月11日 青森県黒石市
<< 前のページ | 1 2 3 4 5 6 7 ... | 次のページ >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
北のフィールドノート ― スジカミナリハムシ
ふしあな日記 ― アサマシジミ
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― この人も単独行者?
蝶の玉手箱 ― 2019年7月中旬 東信地方で撮影
てくてく写日記 ― 群馬のウラジャノメなど
虫つれづれ@対馬v2 ― ナガカッコウムシ属の一種
ありんこ日記 AntRoom ― 青く輝く小さなクモ
呑むさん蝶日記 ― 週末あれやこれや
鳥蝶ビデスコ ― 用水路沿いで
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数