過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
南ベトナム 12月26日
[12月26日]
 今日もDambriへ。午前中は昨日と同様、キララシジミ2種を眺める。ヒューイットソニィを中心に撮影。


ヒューイットソンキララシジミ♂ Poritia hewitsoni ― 2009年12月26日 Dambri, Lam Dong, VIETNAM

 Euthalia monina のオスを、コケムシイナズマ E. anosia と間違い、恥ずかしい思いをする。欲目って怖い。
 が、その直後、なんと本物のコケムシイナズマが現れ、一瞬足元にとまり、すぐ飛び去っていった。昨日の Tajuria といい、良いチョウに限って、なかなか思うようにいかない。それとも、巷で噂の物欲センサーが働いているのか。
 林道沿いでは、Athyma nefte のオスがテリトリーを張っていた。この種は雌雄異型で、なおかつ、オスもメスもなかなか格好良い。


Athyma nefte ♂ ― 2009年12月26日 Dambri, Lam Dong, VIETNAM

 引き続き、こまごまとした樹上性シジミやシジミタテハを撮影しつつ、林道を歩く。すると、突然父に呼ばれる。父の指す先にはホワイトヘッディ E. whiteheadi の立派なメスが。うわあ、これは失敗できない。恐る恐る撮影する。文句なく今日一番の、もしかしたら今回の旅行で一番の、大物。
 その後、チャイロフタオの白帯型♂も現れる。一昨日のTac Maiでは遠巻きに見上げただけだったから、これも嬉しかった。白帯の無いタイプはマレーシアで沢山見たけれど、やっぱり、それより格段に格好良い。


チャイロフタオ白帯型♂ Charaxes bernardus ― 2009年12月26日 Dambri, Lam Dong, VIETNAM

 また1人で歩いていると、イナズマチョウらしき影が頭上を横切った。とまった先を見ると、そこには、コケムシイナズマのオス。勘違いから始まり、その次は逃げられ、また今度の遭遇と、このチョウとは何かと縁があるみたい。
 そういえば、この個体のようなオスの前翅に白斑の出るコケムシイナズマは、E. anosiaとは別種の、E. saitaphernes として扱う向きがあるのだとか。


Euthalia saitaphernes tamamitsui ♂ ― 2009年12月26日 Dambri, Lam Dong, VIETNAM

 夕食は、ホテルのフロントで紹介された、レストラン09という店で食べた。ベトナム語のメニューしかなかったり、品切れしているメニューが多かったり、色々と難はあったけれど、ベトナムらしい味付けに反して、くせのあまり気にならない、とても美味しいお店だった。にんにくを利かせた空芯菜の炒め物に始まり、塩ゆでしたタイワンガザミ、二枚貝(ウチムラサキか何かだったと思う)のスープと、どれも良かった。女店員さんは、やけにフレンドリーだった。
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
てくてく写日記 ― 群馬のアカセセリなど
小畔川日記 ― アゲハ類の吸水-4と吸汁:2020/8/1
北のフィールドノート ― スジグロシロチョウのスロー動画
鳥蝶ビデスコ ― アオマダラタマムシ
ありんこ日記 AntRoom ― 卵の殻でカルシウム補給
津軽半島の自然 ― チョウゲンボウがハタネズミを捕まえた・・・
蝶の玉手箱 ― 2020年8月上旬 高原と公園で撮影
虫とり日記3 ― 夏の大キャンプ大会でした
呑むさん蝶日記 ― 反省ぢゃ
虫つれづれ@対馬v2 ― クロタマムシ対馬・朝鮮亜種
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数