過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
南ベトナム 12月25日
[12月25日]
 Dambriへ行く。自然林と茶畑の移行帯がポイントになっていて、そこにキララシジミ類を中心とした樹上性シジミが下りてくる。
 8時頃からヒューイットソニィ Poritia hewitsoni が飛び始め、続いて9時頃、エリキノイデス P. erycinoides にとって代わった。日本のゼフィルスに例えるなら、ヒューイットソニィがアイノで、エリキノイデスがジョウザン、といったところなのかな。普段この場所では、ヒューイットソニィは少なく、エリキノイデスは喧しいほど多い、という話だったけれど、今日見たのは両種ともに5♂前後。どうやら、エリキノイデスは、例年に比べ、ひどく少ないらしい。


エリキノイデスキララシジミ♂ Poritia erycinoides ― 2009年12月25日 Dambri, Lam Dong, VIETNAM

 キララシジミ類の占有行動が一息ついて10時を回った頃、Tajuria のオスらしきが1頭、飛び出すのを見かける。しかし、一度もとまらず、そのまま樹冠に消えてしまった。さすが、良い蝶はやってくれることが違う。神秘的な思い出を残してくれた。とでも言えば聞こえは良いけれど、実際に残るのは思い出より後悔。父は Delias に擬態していると思しき、格好良いセセリチョウ Mooreana trichoneura を撮影していた。
 午後は2種のキマダラルリツバメ類 Spindasis の探索に重きを置いて歩いた。でも、ひどく少ない。ロヒタ S. lohita は高所にとまる1♂1♀を見上げただけで、シャマ S. syama は青木さんの見つけた1♀のみ。とはいえ、そのシャマのメスは、斑紋といい鮮度といい、素晴らしい個体だった。


シャマキマダラルリツバメシジミ♀ Spindasis syama ― 2009年12月25日 Dambri, Lam Dong, VIETNAM

 シロモンクロシジミ Spalgis epius の蛹を、父と海野さんが探し、2人とも1個体ずつ見つけていた。この種の蛹は、人面蛹として知られる。海野さんは、これが今回一番の目的だったらしい。
 夜はまた昨日と同じ飲食店へ。不評だった品目を避けつつ、前回と同じような内容で注文。やっぱりエビのビール蒸しが美味しい。ぶつ切りされたイカの唐揚げも好評で、2皿頼むことになった。
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
ありんこ日記 AntRoom ― ネオテニー発見!
蝶の玉手箱 ― 台湾遠征39(タイワンアオバセセリ)
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― 2020年版・PEKEYAMA氏の「映画を観るなら・四
四季彩散歩 ― 1月25日“ボランティア!”
探蝶逍遥記 ― ツバキの開花と越冬ウラギンシジミ(1月中旬)
小畔川日記 ― 小畔川便り(大寒の日の蝶たち:2020/1/17、20)
鳥蝶ビデスコ ― 酒蔵見学
北のフィールドノート ― オジロワシの舞い、今日は尾が白い
呑むさん蝶日記 ― 酒ぢゃ
蝶の観察記録-十勝蝶改め相模蝶の観察記録 ― リュウキュウヒメジャノメ-昨年12月の石垣
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数