過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
ムツセモンササキリモドキ
 先週末フユシャクのメスを探している途中、ムツセモンササキリモドキのメスが偶然1頭見つかった。小さな(20mm前後)キリギリス科の昆虫で、割と珍しいらしい。この種を初めて見たのは、たしか小学校低学年の頃、家族で十和田湖へ遊びに行った時だったと思う。見覚えのない小さなバッタがいる!と思って父に知らせたら、それがムツセモンササキリモドキだった。そのとき採集したのが秋田県初記録だったとかで、当時とても喜んだ覚えがある。今になってみると、ササキリモドキみたいなマイナーな分類群の県初記録なんて全く大したことじゃないと思うのだけれど、そんなことを考えてしまう今よりも、あの頃の方が純粋に虫を楽しめていたような気がする。


▲ムツセモンササキリモドキのメス ―2008年11月09日 青森県弘前市 岩木山


▲口器がささったままのセミの頭部。前にも同じような状況を見ているけれど、なんとも不思議。 ―2008年11月09日 青森県弘前市 岩木山


▲岩木山の麓。場所によっては雪が積もり始めている。 ―2008年11月09日 青森県弘前市 岩木山
この記事のトラックバックURL  http://ze-ph.sakura.ne.jp/zeph-blog/tb.php?281
Commented by VIEW at 2008/11/16 02:35
セミの頭部は見た事ありませんが、カメムシの仲間が屋内の天井にぶら下がったまま死んでいるのを何度かみたことがあります。
脚だけで掴まっているのなら死後それほど経たないうちに落ちてしまいそうな気がしますから、
口吻を差し込んで抜けなくなってそのまま死んでしまったとか、もしくは体を固定するのに口吻を使っていたとか…?
Commented by ze_ph at 2008/11/16 22:46
VIEWさん
どうなんでしょうね。
こういうのって、案外理由は馬鹿らしいくらい単純だったりするのかもしれません。
当然その逆もあり得るのでしょうけど・・・
Commented by ゆうざん at 2008/11/16 23:20
そういえば,秋田県小坂町で調査した時もムツセモンササキリモドキは結構見つかりましたね。どこでも簡単に見つかるという種では無いですが,十和田湖周辺地域には多いのかもしれませんね。
ササキリモドキの類には,人が探しても簡単には見つからないため,竹筒トラップを仕掛けてカリバチに捕ってきてもらわないとなかなか確認できない種とかがいるらしいです。
Commented by ze_ph at 2008/11/17 00:41
ゆうざんさん
確かに十和田湖周辺には多いような気がします。時期にもよるのだと思いますが、当時は行くたびに見つけていました。そういえば、無翅タイプのササキリモドキの仲間がムツセモン以上に沢山いたんですが、それが何というササキリモドキだったのか、そっちの方が今となっては気になります。
Commented by ゆうざん at 2008/11/17 17:09
無翅タイプだと、コバネササキリモドキか、キタササキリモドキ(キタハダカササキリモドキ)のどちらかでしょう。
小坂町の調査では、キタササキリモドキを確認していますね。
Commented by ze_ph at 2008/11/24 00:42
ゆうざんさん
両種の写真を(横着してインターネットで)見てみましたが、キタハダカササキリモドキの方が記憶しているササキリモドキに近いような気がします。
コメントする
*は必須項目です。







<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
ありんこ日記 AntRoom ― ネオテニー発見!
蝶の玉手箱 ― 台湾遠征39(タイワンアオバセセリ)
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― 2020年版・PEKEYAMA氏の「映画を観るなら・四
四季彩散歩 ― 1月25日“ボランティア!”
探蝶逍遥記 ― ツバキの開花と越冬ウラギンシジミ(1月中旬)
小畔川日記 ― 小畔川便り(大寒の日の蝶たち:2020/1/17、20)
鳥蝶ビデスコ ― 酒蔵見学
北のフィールドノート ― オジロワシの舞い、今日は尾が白い
呑むさん蝶日記 ― 酒ぢゃ
蝶の観察記録-十勝蝶改め相模蝶の観察記録 ― リュウキュウヒメジャノメ-昨年12月の石垣
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数