過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
シリアゲアリとカイガラムシ
 シリアゲアリ類は、拠点となる大きな巣の他、その出先に、カイガラムシの保護などを目的とした小さな巣をいくつも作ります。台湾の Spindasis lohita の幼虫は、アリから給餌を受ける日本のキマダラルリツバメシジミ S. takanonis とは異なり、普通に植物の葉を食べて育つのですが、なんでも、日中にはシリアゲアリの出先の巣内に隠れ、身を護るのだとか。この生態は、他の多くの Spindasis に共通していて、この地域の S. lohita でもおそらく同様。そこで、S. lohita の成虫が近くでよく見られたと言う、シリアゲアリ類の巣の付いた木から、出先の巣、そして、その中にいるかもしれない幼虫を、探してみました。
 残念なことに、目的の幼虫は見つけらず、出先の巣の中から出てきたのは、カイガラムシの仲間だけ。しかし、そのカイガラムシは、あまりに大きく、しばらく正体の見当がつきませんでした。


2009年12月25日 Dambri, Lam Dong, VIETNAM
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
ありんこ日記 AntRoom ― ヒメハブ大好き!
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― コールド・ムーン
呑むさん蝶日記 ― 第8位ぢゃ
愛野緑の撮影記録 ― フユシャクの♀を撮影
虫とり日記3 ― 12月7-8日 山梨に行ってきました。
北のフィールドノート ― エゾホトケとキタドジョウ,芦崎調査の記録として
小畔川日記 ― 小畔川便り(ムラサキツバメの越冬集団:2019/12/4.5)
鳥蝶ビデスコ ― イカルチドリ
蝶の玉手箱 ― 八重山遠征
津軽半島の自然 ― 速報・・・でました「火の鳥」・・・
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数