過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
シリアゲアリとカイガラムシ
 シリアゲアリ類は、拠点となる大きな巣の他、その出先に、カイガラムシの保護などを目的とした小さな巣をいくつも作ります。台湾の Spindasis lohita の幼虫は、アリから給餌を受ける日本のキマダラルリツバメシジミ S. takanonis とは異なり、普通に植物の葉を食べて育つのですが、なんでも、日中にはシリアゲアリの出先の巣内に隠れ、身を護るのだとか。この生態は、他の多くの Spindasis に共通していて、この地域の S. lohita でもおそらく同様。そこで、S. lohita の成虫が近くでよく見られたと言う、シリアゲアリ類の巣の付いた木から、出先の巣、そして、その中にいるかもしれない幼虫を、探してみました。
 残念なことに、目的の幼虫は見つけらず、出先の巣の中から出てきたのは、カイガラムシの仲間だけ。しかし、そのカイガラムシは、あまりに大きく、しばらく正体の見当がつきませんでした。


2009年12月25日 Dambri, Lam Dong, VIETNAM
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
虫つれづれ@対馬v2 ― ミリ虫-115 コモンシジミガムシ
小畔川日記 ― 小畔川便り(少し変わったサトキマダラヒカゲ:2019/8/12)
虫とり日記3 ― お盆休み終了して戻ってきました。其の3
呑むさん蝶日記 ― 松虫草ぢゃ
鳥蝶ビデスコ ― エリマキシギ
ありんこ日記 AntRoom ― 丸すぎるヤンバルヤマナメクジ発見
探蝶逍遥記 ― コヒョウモンモドキの産卵:その2(8月上旬)
蝶の玉手箱 ― 2019年8月中旬 涼しい高原で1
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数