過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
変な蛾

▲ホソオビヒゲナガ(6月9日 青森県深浦町 PENTAX *ist DS,105mm)


▲ホソガの仲間。カシワミスジキンモンホソガだろうか。(6月9日 青森県深浦町 PENTAX *ist DS,105mm)


▲カザリバ、もしくはその近似種。カシワ葉上の毛の長さと比べると、小ささが分かると思う。(6月9日 青森県深浦町 PENTAX *ist DS,105mm)

この記事のトラックバックURL  http://ze-ph.sakura.ne.jp/zeph-blog/tb.php?48
Commented by 蝶山人 at 2007/06/22 07:39
自家製虫眼レンズの素晴らしさもさることながら
こんな小さな蛾を良く見つけられますね。
ze_phさんの目はきっと虫達と同じ低い視点で
(人間万能みたいに思い上がることなく)
拡大鏡まで装備していらっしゃるのですね。

展翅するとそっけない蛾も自然の中では
生き生きと写っていますね。
もっともっと小さなmicrolepidopteraを
収集する蛾屋さんの気持ちが判るような気がします。
Commented by ze_ph at 2007/06/23 19:21
蝶山人さん
蛾は面白いです。
のめりこむと蝶より面白いのかも?と思うこともあります。
でも、やっぱり好きなのは蝶なのですけれど。
Commented by そよ風ふく at 2007/06/23 21:45
生き物は生きてるままの方が輝きが違うように思います。
もちろん、標本も必要ですが、輝きをそのまま写したいと言うのが私の気持ちです。

蝶山人さんのおっしゃる通り、ze_phさんは、その点、とっても上手に撮られていて、写真が本当に生き生きしてますよね。

調べ物をしていると、こういう生き生きとしていて、きっちり撮ってある写真の載ってる図鑑が欲しくなります。
Commented by ze_ph at 2007/06/25 10:02
そよ風ふくさん
ありがとうございます。
たしかに、図鑑はものによっては変色してしまった標本なんかが載っていたりして、同定しづらいこともありますよね。
生きた姿をしっかり示した図鑑があっても良いのかもしれません。
コメントする
*は必須項目です。







<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
ありんこ日記 AntRoom ― リュウキュウアシナガアリの家族
鳥蝶ビデスコ ― キクイタダキ
虫とり日記3 ― さ、週末だ 2
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― 2020年版・PEKEYAMA氏の「映画を観るなら・・・ 」
北のフィールドノート ― ハシブトガラス・強風にのる飛翔
虫つれづれ@対馬v2 ― クリバネツヤテントウダマシ
呑むさん蝶日記 ― ほりでぃ いん かんさい・番外編のFinal
探蝶逍遥記 ― クルミ割り「カラス」(1月中旬)
愛野緑の撮影記録 ― 2020年1月22日 狭山丘陵だより フユシャク交尾
津軽半島の自然 ― サーファー・・・オオハクチョウ・・・
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数