過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
エノキタケ
 今日は梵珠山のブナ林を歩いてみることにした。例によって、面白いフユシャク(特にヒメクロオビフユナミシャク)が見つかるのを期待したけれど、やっぱりそう簡単にはいかない。よく見かけるフユナミシャクの仲間(オオナミフユナミシャクかコナミフユナミシャク)のオスを数頭見ただけで、他は全くだった。


▲エノキタケ ―2008年11月16日 青森県青森市 梵珠山


▲ムツセモンササキリモドキ ―2008年11月16日 青森県青森市 梵珠山


▲オオナミフユナミシャク(あるいはコナミフユナミシャク)のオス ―2008年11月16日 青森県青森市 梵珠山
この記事のトラックバックURL  http://ze-ph.sakura.ne.jp/zeph-blog/tb.php?283
Commented by 野口 at 2008/11/20 00:02
天然エノキタケはさぞおいしいのでしょうね。
お味がヒョロヒョロ栽培きのことは 違うのでしょうね。
初冬というのに、昨日 ツマグロヒョウモンが元気に飛んでいました。
先日は小さな黄色いチョウチョも見ました。
蝶は春先だけの生き物ではないのですね。
恥ずかしながら、蝶は長生きなのだと知りました。




Commented by ze_ph at 2008/11/24 00:45
野口さん
チョウにもピンからキリまで色々なものがいるので(笑)
小さな黄色い蝶というのは、おそらくキチョウ(最近はキタキチョウなんて和名で呼ばれたりもしているみたいですが)ではないかと思います。
コメントする
*は必須項目です。







<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
探蝶逍遥記 ― ヒメウラナミジャノメの飼育メモ
鳥蝶ビデスコ ― びっくり!
てくてく写日記 ― 埼玉のベニシジミなど
ありんこ日記 AntRoom ― 巨大フトハリアリの女王の見分け方
津軽半島の自然 ― 富士山撮影の旅・・・?本栖湖番外編・・・
北のフィールドノート ― 縫道石山・加藤沢沼・地名考
小畔川日記 ― 小畔川便り(新たなムラサキ兄弟の越冬場所:2019/12/8-11)
蝶の玉手箱 ― 台湾遠征21(ルリタテハ)
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― コールド・ムーン
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数