過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
イチモジフユナミシャク
 今日は夜の弘前公園でフユシャクを探してみた。低地ではまださすがにフユシャクの多い時期ではないだろうと思い下見程度のつもりで行ったのだけど、ウスバフユシャク類(フユシャクの中でも、とりわけ寒い時期に出現する)のオスまで飛んでいたものだから驚いてしまった。どうやら僕の認識は甘かったらしい。
 さて、目新しいところではイチモジフユナミシャクを結構見かけた。フユシャクの常で飛んでいるオスばかりが目に付くのだけど、交尾しているものも1ペアだけ見つけることができた。イチモジフユナミシャクのメスは地衣類を真似た白緑色の鱗粉がお洒落で、その美しさに憧れていた虫なのだけれど、思いがけず身近なところで見つけてしまった。ところで、今回見つけたメスは全体的に、特に腹部は顕著に、色が暗い。図鑑に載っている写真や、インターネットで検索して出てくる生態写真を見ても、こんなに黒い個体は出てこない。画像を拡大してみても新鮮な個体であることには間違いなさそうだし、どうやらちょっと変わった色目の個体に当たったみたいだ。図鑑に載っているような全体が白緑色のメスも見てみたいから、もう少し弘前公園に通ってみようと思う。




▲イチモジフユナミシャク。メスの写真だけは、交尾していたペアをそのまま持ち帰り、交尾が終わって離れてから撮影した。オスと交尾は野外で撮影―2008年11月12日 青森県弘前市 弘前公園
この記事のトラックバックURL  http://ze-ph.sakura.ne.jp/zeph-blog/tb.php?279
コメントする
*は必須項目です。







<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
呑むさん蝶日記 ― ほりでぃ いん かんさい・その8
愛野緑の撮影記録 ― 2020年1月17日 狭山丘陵だより フユシャク
ありんこ日記 AntRoom ― コタナグモは好蟻性なのか?
蝶の観察記録その2 ― 川越市のムラサキ兄弟(2020年1月中旬)
北のフィールドノート ― 武漢, 中国 (WUH-武漢国際空港) ーーー青森空港は大丈夫か?
虫とり日記3 ― さ、週末だ
鳥蝶ビデスコ ― 田んぼにて、
蝶の玉手箱 ― 台湾遠征34(コモンマダラ)
てくてく写日記 ― オフシーズン企画【ゼフの雌の翅表?】
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数