過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
ギンイチモンジセセリ

▲ギンイチモンジセセリ。青森でも激減していて、そうそう見られない。父撮影。 (2008年06月05日 青森県深浦町 Nikon D200, 150mm)


▲ミヤマチャバネセセリ。奥に見えるのは堤防で、その更に奥にかすかに見えているのは日本海。海岸線まで10〜20mくらいの距離。父撮影。 (2008年06月05日 青森県深浦町 RICOH Caplio R7)


▲クモガタヒョウモン。父撮影。 (2008年06月05日 青森県深浦町 Nikon D200, 150mm)


アリノスアブ。クロクサアリが巣を造っているカシワの木に産卵している。父撮影。 (2008年06月05日 青森県深浦町 RICOH Caplio R7)
この記事のトラックバックURL  http://ze-ph.sakura.ne.jp/zeph-blog/tb.php?224
Commented by Nabita at 2008/06/10 23:37
アリノスアブは採っていますか?
見たことの無い種のような気がします。

立ち木から発生する種というのは、緑色に輝く、
オウゴンアリノスアブ改め、ケンランアリノスアブ改め、
何と言う名前になったのか忘れた種に、次ぐ発見じゃないですかね。
Commented by maruyama at 2008/06/12 19:13
モモブトハナアブのなかまに見えます。すくなくともアリスアブではないです。モモブトハナアブでしたら、朽木や生木の枯死部に幼虫が育ちますので、納得がいきます。
Commented by ze_ph at 2008/06/13 02:06
Nabitaさん
採ってないそうです。
でも、maruyamaさんのコメントが事の全てみたいですね(苦笑
Commented by ze_ph at 2008/06/13 02:12
maruyamaさん
わざわざありがとうございます。
体毛や腹部の雰囲気なんかに違和感を覚えていたのですが、そういうアリスアブもあるんだろう程度の軽い気持ちで考えてしまっていました。
言われて他の写真で確認してみると、触角から何からアリスアブ類のそれとは異なりますね(汗)
コメントする
*は必須項目です。







<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
呑むさん蝶日記 ― ほりでぃ いん かんさい・その8
愛野緑の撮影記録 ― 2020年1月17日 狭山丘陵だより フユシャク
ありんこ日記 AntRoom ― コタナグモは好蟻性なのか?
蝶の観察記録その2 ― 川越市のムラサキ兄弟(2020年1月中旬)
北のフィールドノート ― 武漢, 中国 (WUH-武漢国際空港) ーーー青森空港は大丈夫か?
虫とり日記3 ― さ、週末だ
鳥蝶ビデスコ ― 田んぼにて、
蝶の玉手箱 ― 台湾遠征34(コモンマダラ)
てくてく写日記 ― オフシーズン企画【ゼフの雌の翅表?】
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数