過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
ボロボロのエルタテハ
この仲間は、羽化後すぐに夏眠するからか、越冬後でも意外なくらい綺麗な個体が多いような気がします。
でも、この個体は・・・。越冬前だというのに、こんなにボロい。
さすがにこの時期に去年の越冬個体の生き残りなんてことはないでしょうし、羽化してから夏眠もろくにせずに活発に動き回っていた個体ってことなのでしょうか・・・?
こんなにも鱗粉がまばらになってしまうと、雪やら氷やらが翅にこびり付いてしまいそうな気もするのですが(笑)


▲越冬前だというのに、ボロボロに汚損したエルタテハ。父撮影。 (11月7日 岩木山 RICOH GR DIGITAL)
この記事のトラックバックURL  http://ze-ph.sakura.ne.jp/zeph-blog/tb.php?117
Commented by maedak at 2007/11/08 06:16
この痛み方、ひょっとすると昨年夏の羽化個体という可能性もゼロではないかもしれませんね。
Commented by Celastrina at 2007/11/09 00:30
maedaさん
ビークマーク(蝶の翅につけられた嘴の跡)があるために翅の破損や鱗粉脱落は著しいですが、まだたくさんの体毛が胴部に残っているところを見ると、今夏の羽化個体である可能性が高いと思います。
Commented by えいきち at 2007/11/09 16:02
すごいですねえ。
尾羽打ち枯らしたって感じ。
こんなんでも越冬できるんだろうか。
でも、樹皮に映った影を見ると、凛とした感じがあって、案外春まで生き延びるのかも知れませんね。
Commented by ze_ph at 2007/11/09 22:12
えいきちさん
どうなんでしょうね。
結局は休眠する場所次第なのかも・・・
コメントする
*は必須項目です。







<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
探蝶逍遥記 ― ヒメウラナミジャノメの飼育メモ
鳥蝶ビデスコ ― びっくり!
てくてく写日記 ― 埼玉のベニシジミなど
ありんこ日記 AntRoom ― 巨大フトハリアリの女王の見分け方
津軽半島の自然 ― 富士山撮影の旅・・・?本栖湖番外編・・・
北のフィールドノート ― 縫道石山・加藤沢沼・地名考
小畔川日記 ― 小畔川便り(新たなムラサキ兄弟の越冬場所:2019/12/8-11)
蝶の玉手箱 ― 台湾遠征21(ルリタテハ)
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― コールド・ムーン
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数