過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
ゴマシジミの幼虫を運ぶクシケアリ
いきなりタイトルとは全く関係ない話になってしまいますが、先程我が家に「世界のゼフィルス大図鑑」が届きました。9月20日頃刊行とされているので、入手なさっている方はまだあまりいないと思います。
で、内容ですが、今までこれほど面白い図鑑を読んだことがない!と断言できるモノです。(まだ軽く目を通しただけなのですけれど。)「おーっ」と思うinterestingな面白さもあれば、「ぷっ」と吹き出してしまうfunnyな面白さもあります。特に解説編の「備考欄」が凄くて、「(ホロタイプ・パラタイプ標本がちゃんと残されていないことから、)こんな人間は新種記載をすべきでない」とか「(標準図鑑の誤植問題を受けて、)その責任は誰がとるのか」とか「(パラタイプと思しき標本の写真を載せて、)この標本に見覚えのある方はご一報ください」とか、今までの図鑑では有り得なかった、本音の文章が書かれています。まさに、『生きている図鑑』であり『戦う図鑑』である、との歌い文句そのものの内容でした。もちろん、幼生期等の情報も充実していて、図鑑としての完成度自体も素晴らしいです。

さて、話が変わっても、まだタイトルと関係のない話が続きます。
読者の方にはご存知の方が多いとは思いますが、9月23日に大手町サンケイプラザで「東京インセクトフェア」が開催されます。なので、そのインセクトフェアに参加するため、明日(というかもう今日か)、東京へ発ちます。
フェア会場には親子2人ともいるはずなので、機会があれば声をかけていただけると喜びます。

そしてやっとタイトルの件ですが、文章が長くなってしまったので画像解説だけにさせていただきます・・・。(というか、朝一番の飛行機で発つことになっているので、もう寝たいのです。)
・・・と、タイトルと文章が全く関係ない記事が出来上がりましたとさ。(めでたし、めでたし)


▲ゴマシジミの幼虫がナガボノシロワレモコウの花穂から出て、クシケアリによって巣へ運ばれていくところ。 (9月16日 飼育下 PENTAX *ist DS, 105mm)
この記事のトラックバックURL  http://ze-ph.sakura.ne.jp/zeph-blog/tb.php?109
Commented by spatica at 2007/09/22 20:42
インセクトフェア、今年は久しぶりに行くつもりだったのですが、仕事で行けなくなってしまい残念です。ちなみに出張先が弘前だったりするのは何の因果でしょうか(笑)。
しばらく更新がなかったのはてっきりどこかに行っているためかと思っていたのですが、まさか入院されていたとはおもいませんでした。病み上がりに無理は禁物ですが、インセクトフェアで虫屋の元気をもらえるかもしれませんね。自分の分まで楽しんできて下さいね。
Commented by mag at 2007/09/23 20:45
去年の記事を思い出しました。
楽しんできてください。
Commented by えいきち at 2007/09/24 17:51
フェアではなんとか元気そうな顔を見られて、ほっと一安心でしたが、完調ではなさそうでしたね。
どうかくれぐれも無理をしないで、ゆっくり休養してください。
またいつかお会いしましょう。
Commented by ze_ph at 2007/09/28 22:01
spaticaさん
何となくspaticaさんとは会場でお会いできるような気がしていたのですが、残念です。
ところで、フェア前後の弘前と言えば某学会の発表が行われていたようですが、それとspaticaさんの出張が関係あるような気がしてなりません(笑)
Commented by ze_ph at 2007/09/28 22:02
magさん
楽しんできました(笑)
でも、久し振りに長時間立ち続けたせいか、顔色が悪くなったりして、周りに心配をかけてしまっていたようです・・・
Commented by ze_ph at 2007/09/28 22:04
えいきちさん
えいきちさん=Yさんとは、意外でした(笑)
今回のフェアで、一番のサプライズです。
コメントする
*は必須項目です。







<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
ありんこ日記 AntRoom ― オキナワアギトアリの狩り
愛野緑の撮影記録 ― フユシャクの♀を撮影
虫とり日記3 ― 12月7-8日 山梨に行ってきました。
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― 大王具足虫ぢゃ!!!
北のフィールドノート ― エゾホトケとキタドジョウ,芦崎調査の記録として
小畔川日記 ― 小畔川便り(ムラサキツバメの越冬集団:2019/12/4.5)
鳥蝶ビデスコ ― イカルチドリ
呑むさん蝶日記 ― 冬の夜長にこの一冊
蝶の玉手箱 ― 八重山遠征
津軽半島の自然 ― 速報・・・でました「火の鳥」・・・
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数