過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前のページ | ... 2 3 4 5 6 7 8 | 次のページ >>
アリノスシジミ
知る人ぞ知る大珍品のシジミチョウ。幼虫はツムギアリの巣に寄生し、丈夫な表皮で身を護ります。そして成虫の体サイズはヒオドシチョウ並み。口吻も消失しているし、あらゆる部分が異端中の異端です。


アリノスシジミ Lyphyra brassolis のメス


発見時の状態。父撮影。


ホストのツムギアリ(ベトナムにて2010年12月撮影)


地面に落ちていたオスの死骸。僕が見つけたのはこの死骸だけ。

2013年12月24-27日 Langkawi Island, Malaysia
Dacalana burmana
新年、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


Dacalana burmana

2012年12月25日 Langkawi Island, Malaysia
Tajuria cippus
Tajuria属は、寄生植物のヤドリギ類を専食するシジミチョウの中でも特殊な一群です。幼虫、蛹もなかなか見ごたえのある姿をしています。それに大きい。昨年撮影したチョウの中で、最も嬉しかったもののひとつ。



Tajuria cippus


終齢幼虫と、それに随伴するアリ


終齢幼虫


蛹には帯糸がなく、尾部だけで体を支えている

2013年12月30-31日 Dayang Bunting Island, Malaysia
メスアカミドリシジミ

メスアカミドリシジミ Chrysozephyrus smaragdinus の卍飛翔
ウラジロミドリシジミの蛹
発生木の根元にて


ウラジロミドリシジミ Favonius saphirinus の蛹
<< 前のページ | ... 2 3 4 5 6 7 8 | 次のページ >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
北のフィールドノート ― スジカミナリハムシ
ふしあな日記 ― アサマシジミ
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― この人も単独行者?
蝶の玉手箱 ― 2019年7月中旬 東信地方で撮影
てくてく写日記 ― 群馬のウラジャノメなど
虫つれづれ@対馬v2 ― ナガカッコウムシ属の一種
ありんこ日記 AntRoom ― 青く輝く小さなクモ
呑むさん蝶日記 ― 週末あれやこれや
鳥蝶ビデスコ ― 用水路沿いで
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数