過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前のページ | ... 2 3 4 5 6 7 8 | 次のページ >>
Spindasis syama

Spindasis syama の雌雄


産み出されたばかりで白緑色の卵(中央)と、時間が経ち暗褐色に変色した卵(右奥)


終齢幼虫






オスの羽化








メスの羽化

Dayang Bunting Is., Malaysia
Remelana jangala

Remelana jangala ♀ 父撮影

2013年12月26日 Langkawi Is., Malaysia
Rapala iarbus
夕方になると盛んに活動するトラフシジミの仲間です。日本では考えられない色調だけど普通種。


Rapala iarbus

2013年12月24日 Langkawi Is., Malaysia
Surendra vivarna
夕方、Rapala iarbus とともにテリトリーを張っていました。




Surendra vivarna

2013年12月24日 Langkawi Is., Malaysia
Tajuria deudorix
以前紹介した T. cippus の近縁種で、寄生植物のヤドリギを食べて育ちます。珍種揃いのTajuria属の中でも、なかなか珍しい種類です。写りがひどく悪いのですが、僕はこの1頭しか見たことがないので備忘録として載せておきます。
ちなみに種小名 deudorix はヒイロシジミの属名 Deudorix と綴りが一緒で、話し言葉の中に登場すると紛らわしい存在。


Tajuria deudorix

2012年12月25日 Langkawi Is., Malaysia
<< 前のページ | ... 2 3 4 5 6 7 8 | 次のページ >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
北のフィールドノート ― スジカミナリハムシ
ふしあな日記 ― アサマシジミ
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― この人も単独行者?
蝶の玉手箱 ― 2019年7月中旬 東信地方で撮影
てくてく写日記 ― 群馬のウラジャノメなど
虫つれづれ@対馬v2 ― ナガカッコウムシ属の一種
ありんこ日記 AntRoom ― 青く輝く小さなクモ
呑むさん蝶日記 ― 週末あれやこれや
鳥蝶ビデスコ ― 用水路沿いで
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数