過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
Tajuria cippus
Tajuria属は、寄生植物のヤドリギ類を専食するシジミチョウの中でも特殊な一群です。幼虫、蛹もなかなか見ごたえのある姿をしています。それに大きい。昨年撮影したチョウの中で、最も嬉しかったもののひとつ。



Tajuria cippus


終齢幼虫と、それに随伴するアリ


終齢幼虫


蛹には帯糸がなく、尾部だけで体を支えている

2013年12月30-31日 Dayang Bunting Island, Malaysia
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
蝶の玉手箱 ― 2018年7月上旬 再びゼフィルスの林へ
呑むさん蝶日記 ― 週末あれやこれや
津軽半島の自然 ― シオカラトンボ・・・
虫つれづれ@対馬v2 ― キノコを食べる蛾の幼虫
北のフィールドノート ― ヒガシシマドジョウ 下北半島津軽海峡側
鳥蝶ビデスコ ― ツミ
探蝶逍遥記 ― アオバセセリの幼虫探索(7月中旬)
四季彩散歩 ― 7月17日“もう7月中旬!”
蝶&鳥日記 2 ― 7月17日(晴)タイトル:アオスジハナバチ
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数