過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
Spindasis
東南アジアでよく見られるキマダラルリツバメ類 Spindasis は、S. syamaS. lohita の2種です。その他はそれなりに珍しい種であったり、そもそもシノニムが疑われる種であったりします。2種の中では、S. lohita の方がやや珍しく、サイズも一回り大きくて、ちょっぴり格上の印象。


S. lohita の産卵


S. lohita の卵


S. lohita

S. lohita はあまり多く見られませんでしたが、S. syama は方々で見かけました。この2種は後翅裏面基部の3点が融合するか否か(融合するとlohita、分離するとsyama)という何とも繊細微妙な差異をもって区別するのが一般的。とはいえ、目が慣れてくるとそこを見ずとも一見して分かるほどに違う種です。むしろ後翅基部の3点だけで見分けようとすると誤同定しがち。


S. syama


S. syama


S. syama の雌雄


S. syama


S. syama

今回は、念願叶って幼虫まで見つけることができました。
シリアゲアリ類を随伴するところは日本のキマダラルリツバメと同様。しかし、こちらはアリからの給餌を受けず、専ら植物の葉を食べて育ちます。Spindasis 属はアジアからアフリカにかけて50種近くが広く分布しているものの、アリからの給餌のみで幼生期を全うすることが知られているのは、日本産のキマルリだけです。


シリアゲアリ類の出張巣に身を寄せる中齢幼虫。付いていたのはエノキ類と思しき植物。


マメ科植物の葉を食べる終齢幼虫


葉陰に身を潜める終齢幼虫。シリアゲアリがその周りに出張巣を作り始めていました。




吐糸で葉を綴り、その中で蛹化します。


葉上での生活に適応しているのか、蛹は緑色。


羽化が近付くと、翅表の青色と腹部の虎模様が浮き出てきました。


羽化してきたのはS. lohitaのオスでした。

2012年12月24日〜2013年01月01日 Langkawi Is. & Dayang Bunting Is., MALAYSIA
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
呑むさん蝶日記 ― ほりでぃ いん かんさい・その8
愛野緑の撮影記録 ― 2020年1月17日 狭山丘陵だより フユシャク
ありんこ日記 AntRoom ― コタナグモは好蟻性なのか?
蝶の観察記録その2 ― 川越市のムラサキ兄弟(2020年1月中旬)
北のフィールドノート ― 武漢, 中国 (WUH-武漢国際空港) ーーー青森空港は大丈夫か?
虫とり日記3 ― さ、週末だ
鳥蝶ビデスコ ― 田んぼにて、
蝶の玉手箱 ― 台湾遠征34(コモンマダラ)
てくてく写日記 ― オフシーズン企画【ゼフの雌の翅表?】
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数