過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
リブナキララシジミ
明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。
昨年末はマレーシアのランカウイ島へ行ってきました。更新を滞らせること実質5ヶ月の、どうしようもない本ブログではありますが、今日からはぽつぽつ更新していく所存。

さて今年初めに紹介するのは、2013年の撮り初めともなったリブナキララシジミ Cyaniriodes libna です。キララシジミはPoritia属の一部を除けば珍品揃いで、このリブナも例外でないどころか超のつく大珍品。この種を狙って見られるのはランカウイ島くらいです。早朝に活動するシジミチョウの中でもとりわけ早い時間帯に活動する種類で、日光が差し込む前の薄暗いジャングルを控えめに占有します。
ところでキララシジミ亜科はアシナガシジミ亜科(日本産チョウ類ではゴイシシジミなど)と姉妹群関係にあると考えられているのですが、このリブナはアシナガシジミっぽさを色濃く表した種類だと思います。翅を閉じたリブナは遠くから見るとAllotinusのアシナガシジミと見間違うし、メスなんて翅表が白黒なのでどこから見てももう完全にアシナガシジミです。






Cyaniriodes libna


Cyaniriodes libna

2012年12月24日〜2013年01月01日 Langkawi Is., MALAYSIA
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
ありんこ日記 AntRoom ― ネオテニー発見!
蝶の玉手箱 ― 台湾遠征39(タイワンアオバセセリ)
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― 2020年版・PEKEYAMA氏の「映画を観るなら・四
四季彩散歩 ― 1月25日“ボランティア!”
探蝶逍遥記 ― ツバキの開花と越冬ウラギンシジミ(1月中旬)
小畔川日記 ― 小畔川便り(大寒の日の蝶たち:2020/1/17、20)
鳥蝶ビデスコ ― 酒蔵見学
北のフィールドノート ― オジロワシの舞い、今日は尾が白い
呑むさん蝶日記 ― 酒ぢゃ
蝶の観察記録-十勝蝶改め相模蝶の観察記録 ― リュウキュウヒメジャノメ-昨年12月の石垣
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数