過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
テイオウシジミ
 このテイオウシジミ Neomyrina nivea は、尾が長い上に珍品で、かつ超大型という、とりわけ格調高い樹上性シジミ。テイオウシジミの呼称もその格調高さに由来するものと思います(本当か?)。シジミチョウとは思えないほど大型で、ぱっと見ではイシガケチョウと錯覚するほど。
 前回は1♀しか見られなかったのですが、今回は食樹に集まるメスが何頭も見つかりました。


テイオウシジミ Neomyrina nivea ♀ ― 2010年12月25日 Thac Mai, Dong Nai, VIETNAM 父撮影

 矢後さんは卵や幼虫まで見つけていました。テイオウシジミはムラサキシジミの仲間に比較的近縁と考えられているらしく、幼生期の形態・生態も似ているのだとか。幼虫とアリの関係もムラサキシジミ類と同じで、所謂アリ蝶と表現できるほど依存したものではなく、分泌物を与える代わりに身を護ってもらうという簡易なもののようです。シリアゲアリ類と一緒にいることが多いという話でしたが、今回まとわりついていたのはヒメアリの仲間でした。


ヒメアリの一種 Monomorium sp. とテイオウシジミ N. nivea の中齢幼虫 ― 2010年12月25日 Thac Mai, Dong Nai, VIETNAM
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
虫つれづれ@対馬v2 ― ホシミズギワカメムシ?
津軽半島の自然 ― アマツバメ・・・
てくてく写日記 ― 埼玉のナガサキアゲハ
ありんこ日記 AntRoom ― 今は恐竜に夢中!
虫とり日記3 ― お出掛けしてきました。
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― 続・この樹、何の樹、気になる樹
蝶の玉手箱 ― 糠地郷バタフライガーデン
小畔川日記 ― 小畔川便り(ギンイチとウラナミシジミの産卵:2020/9/2.3)
鳥蝶ビデスコ ― オオルリボシヤンマ
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数