過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
シタキモモブトスカシバの虫エイと蛹殻
 また深浦へ行ってきました。今日は大八木さんも一緒です。時期柄あまり多くのものを見ることは叶わず苦戦したのですが、シタキモモブトスカシバの土繭や古い虫エイを見つけられたのは大きな収穫でした。
 しかし、中に幼虫の入った土繭は大八木さんが見つけた1個のみで、他に掘り出した14個の土繭は全てが昨夏以前の羽化殻。今回探したキカラスウリには、今年あまりメスが訪れなかったのかもしれません。ちなみに、土中での被捕食率がとても高いという話を聞いていたのですが、周囲がコンクリートで固められていてモグラなど捕食者の入れる環境でないためか、捕食などによる死亡個体はありませんでした。


羽脱後の土繭と蛹殻。シタキモモブトスカシバは土中で越冬、蛹化する。 ― 2009年11月08日 青森県深浦町


空になった虫エイ。ホストはキカラスウリ。虫エイの片側を木屑で紡ぐのがモモブトスカシバ類の特徴。 ― 2009年11月08日 青森県深浦町
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
虫つれづれ@対馬v2 ― ムネアカツヤケシコメツキ
蝶の玉手箱 ― 2020年6月下旬 近くの高原で2
鳥蝶ビデスコ ― ヒメサナエの羽化の動画
ありんこ日記 AntRoom ― 今年初めて見たセミは・・・
津軽半島の自然 ― 雨の津軽白神湖・・・2020/07/03 青森県西目屋村・・・
小畔川日記 ― 小畔川便り(ギンイチモンジセセリ2化初見:2020/6/26)
てくてく写日記 ― 奥多摩のアイノミドリシジミなど
虫とり日記3 ― 長野に行ってました。
探蝶逍遥記 ― ミズイロオナガシジミの産卵行動(6月中旬)
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― チビッ子カマキリ見っけ!
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数