過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
コカマキリ
 コカマキリが上手く周囲に溶け込んで歩いていたから、あえてあまり目立たないように写してみた。もっと格好良く、もっと目立たないように写したかったけれど、思うような写真には仕上げられなかったのが残念・・・。昆虫写真にとって大切なのは、美しく仕上げることよりも、その虫の凄さ・魅力を引き立てることだと思う。デジカメの性能が良くなって簡単に綺麗な写真が撮れるようになったけれど、今も昔も虫の魅力を引き出すのがカメラの性能なんかではなく撮影者の感性だということに変わりはないし、そういう写真を上手く撮れる人に憧れる。このシチュエーションでも、例えばコンパクトデジカメで広角接写したりマクロレンズで頭部や前脚の模様をアップにしたりすれば、もっとずっと綺麗でインパクトのある写真が撮れたのかもしれない。でも、そんな写真は世の中にありふれている。

 ところで、ここ数日でサイトの模様替えをした。一応チョウのサイトを名乗っている都合上若干の後ろめたさがあったけれど、セスジスカシバの画像をトップにしてみた。試験的に、低確率でセスジスカシバの画像上にちょっとしたメッセージが表示されるよう設定してみたから、そっちの方もチェックしてみて欲しい。(でも、大した内容ではないから見た人はがっかりすると思う。)


▲コカマキリ。ヤマトシジミやクロアゲハ、ショウリョウバッタに並ぶ北上侵入種だが、深浦ではもう完全に定着している。 ―2008年10月13日 青森県深浦町
この記事のトラックバックURL  http://ze-ph.sakura.ne.jp/zeph-blog/tb.php?272
Commented by Lycaena at 2008/11/03 17:47
ガーン!青森県にオオカマキリ以外のカマキリが居ついているとは知りませんでした。ショウリョウバッタも・・・。
Commented by ze_ph at 2008/11/03 21:10
Lycaenaさん
ウスバカマキリもいますよ・・・
最近になって青森で見つかるようになった蝶以外の昆虫となると、コカマキリ、ショウリョウバッタ、マダラバッタ、ヒロバネカンタンあたりでしょうか。
コメントする
*は必須項目です。







<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― 大王具足虫ぢゃ!!!
北のフィールドノート ― エゾホトケとキタドジョウ,芦崎調査の記録として
ありんこ日記 AntRoom ― トワダオオカの黄金のサナギ!?
小畔川日記 ― 小畔川便り(ムラサキツバメの越冬集団:2019/12/4.5)
鳥蝶ビデスコ ― イカルチドリ
呑むさん蝶日記 ― 冬の夜長にこの一冊
蝶の玉手箱 ― 八重山遠征
津軽半島の自然 ― 速報・・・でました「火の鳥」・・・
蝶の観察記録-十勝蝶改め相模蝶の観察記録 ― グランベリーモール-南町田
蝶の観察記録その2 ― 川越市のムラサキツバメ・ムラサキシジミ(2019年12月上旬)
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数