過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
フクラスズメ
 岩木山のいつも夏にゼフィルスを見ている場所へ行ってみた。何か美味しいキノコが生えていないかという下心があったのだけれど、結果はさっぱり。ほんの数本ナラタケを見つけただけ。撮影するほどの株でもなければ、持ち帰って調理してもらう程の量でもなかった。
 キノコを探して歩いていると、何やら青紫に光るガの翅が落ちているのを見つけた。一瞬、ムラサキシタバかと思ってハッとしたけれど、よく見たらフクラスズメだった。他にモンスズメバチの死骸なんかも落ちていて、シーズンが終焉に向かっているのを感じた。・・・あのモンスズメバチの死骸、ハチタケのホストになったりしないのかな。無意味だとは思うけど、一応落ちていた場所は覚えておこう。


▲ヌメリガサ科の一種 ―2008年10月05日 青森県弘前市 岩木山


▲フクラスズメの死骸(後翅) ―2008年10月05日 青森県弘前市 岩木山
この記事のトラックバックURL  http://ze-ph.sakura.ne.jp/zeph-blog/tb.php?264
コメントする
*は必須項目です。







<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
呑むさん蝶日記 ― ほりでぃ いん かんさい・その8
愛野緑の撮影記録 ― 2020年1月17日 狭山丘陵だより フユシャク
ありんこ日記 AntRoom ― コタナグモは好蟻性なのか?
蝶の観察記録その2 ― 川越市のムラサキ兄弟(2020年1月中旬)
北のフィールドノート ― 武漢, 中国 (WUH-武漢国際空港) ーーー青森空港は大丈夫か?
虫とり日記3 ― さ、週末だ
鳥蝶ビデスコ ― 田んぼにて、
蝶の玉手箱 ― 台湾遠征34(コモンマダラ)
てくてく写日記 ― オフシーズン企画【ゼフの雌の翅表?】
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数