過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
ウスバシロチョウ
ウスバシロチョウの求愛→交尾成立の瞬間に、初めて遭遇しました。
求愛の際、メスが腹部を持ち上げてシロチョウの交尾拒否行動に似た姿勢をとっていたので、どうせ交尾は成立しないだろうと思って見ていたのですが・・・。

そうそうある機会ではないので、交尾が終わるまでの約1時間(本当はその後もうひと騒動あって、更にもう1時間)、撮影がてらに観察を続けてみました。
見ていてちょっと面白いなと思ったのは、スフラギスの形成タイミング。ヒメギフチョウでは、交尾の最後、雌雄が離れる直前にスフラギスが形成されるのですが、ウスバシロチョウはそれとは異なるようで、約1時間の交尾時間のうち始めの20分ほどでスフラギスはほぼ完成していました。


▲ウスバシロチョウ♂ (2008年05月18日 青森県青森市 Nikon D200, 18-50mm)


▲ウスバシロチョウの求愛行動。この後、交尾に至った(下の写真)。 (2008年05月18日 青森県青森市 Nikon D200, 150mm)


▲交尾。スフラギス形成が完了したのは交尾開始から約20分後。交尾時間はおよそ1時間。 (2008年05月18日 青森県青森市 PENTAX *ist DS, 105mm)
この記事のトラックバックURL  http://ze-ph.sakura.ne.jp/zeph-blog/tb.php?221
Commented by oneshot at 2008/05/23 08:44
ze-ph 様、はじめまして。

ワンコ連れで散歩しながら写真を撮っている oneshot と申します。
昨日、荒川河川敷の公園で真っ白なゴマダラチョウを撮りました。
ネットで調べて「特集 白いゴマダラチョウ」を見つけ、文中で
リンクを張らせていただきました。
事後承諾で申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

ze-ph さんのサイト、内容も写真も素晴らしく生き物音痴の私は
未知の世界の美しさにただただ驚いております。
Commented by ze_ph at 2008/05/31 03:17
oneshotさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
リンクの件は、全く問題ございません。むしろ光栄です。

そちらの地域で、そこまで白いゴマダラチョウのメスというのは珍しいと思います。
驚いてしまいました。
Commented by おいかわ飯店 at 2008/06/10 11:45
交尾の写真の逆光がいいです。ウスバシロチョウは好きなチョウなんですがいまだ撮影した事がありません。
Commented by ze_ph at 2008/06/13 02:04
おいかわ飯店さん
オイカワさんがウスバシロチョウをまだ撮影したことが無いというのは意外です。
交尾の写真は、反射率の違うレフ板2枚(正確には片方はディフューザで代用したのですが・・・)を使って、ちょっと工夫しながら撮ってみました。
Commented by おいかわ飯店 at 2008/06/14 17:12
体毛の質感、翅の質感とてもいいと思います。

>オイカワさんがウスバシロチョウをまだ撮影したことが無いというのは意外です。

見たこともありませんW。

URLのスカシジャノメいいでしょ!
Commented by ze_ph at 2008/06/17 02:03
おいかわ飯店さん
スカシジャノメ、綺麗ですね。
一度見てみたいものですが、写すのは大変なのでしょうね。
コメントする
*は必須項目です。







<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― 大王具足虫ぢゃ!!!
北のフィールドノート ― エゾホトケとキタドジョウ,芦崎調査の記録として
ありんこ日記 AntRoom ― トワダオオカの黄金のサナギ!?
小畔川日記 ― 小畔川便り(ムラサキツバメの越冬集団:2019/12/4.5)
鳥蝶ビデスコ ― イカルチドリ
呑むさん蝶日記 ― 冬の夜長にこの一冊
蝶の玉手箱 ― 八重山遠征
津軽半島の自然 ― 速報・・・でました「火の鳥」・・・
蝶の観察記録-十勝蝶改め相模蝶の観察記録 ― グランベリーモール-南町田
蝶の観察記録その2 ― 川越市のムラサキツバメ・ムラサキシジミ(2019年12月上旬)
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数