過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
ミヤマチャバネセセリの生息地
先日、偶然ミヤマチャバネセセリのポイントを見つけました。
この場所では、僕が今まで一生のうちに見たことのあるミヤマチャバネの数よりもずっと多くの個体数(と言っても5〜10頭程度)が飛んでいました。まして、個体数の少ない春型です。
ただ、今にもススキが深く茂ってダメになってしまいそうな、紙一重な環境だったのがちょっと気掛かりです。


▲ミヤマチャバネセセリ。その生息地はやや開けたススキ原だった。 (2008年05月11日 青森県深浦町 Olympus E-330, 14-54mm)


▲ミヤマチャバネセセリ (2008年05月11日 青森県深浦町 Nikon D200, 150mm)


▲ミヤマチャバネセセリの吸蜜 (2008年05月11日 青森県深浦町 Nikon D200, 150mm)
この記事のトラックバックURL  http://ze-ph.sakura.ne.jp/zeph-blog/tb.php?219
Commented by 宮城のひよっこ at 2008/05/16 22:35
ミヤマチャバネセセリですが、蝶屋に復帰して5年経ちますが、一度も見ていません。
子供の頃に採った標本が一つあるのみです。
県内ではたまに記録はありますが、1頭づつのみで、複数の記録はありません。

そのポイントは大事にしたいですね。
Commented by ze_ph at 2008/05/20 22:28
宮城のひよっこさん
ミヤマチャバネセセリは、狙って見れる蝶でないだけに難しいです。
このポイントがきちんと維持してくれると良いのですが・・・
コメントする
*は必須項目です。







<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
小畔川日記 ― 小畔川便り(ムラサキツバメの越冬集団:2018/12/2-5)
北のフィールドノート ― オオトラノオゴケ
蝶の玉手箱 ― 2018年12月上旬 房総のルーミスシジミ2
ありんこ日記 AntRoom ― アミメアリの女王アリ!?
鳥蝶ビデスコ ― キセキレイ
ふしあな日記 ― 初積雪
呑むさん蝶日記 ― 第4位ぢゃ
四季彩散歩 ― 12月13日“活動中~~?”
探蝶逍遥記 ― オオミドリシジミの越冬卵(11月下旬)
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数