過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
エグリゴマダラ
今年末も、父はマレーシアのランカウイ島に行っていました。僕は都合がつかず、ついて行けなかったのですが。そんな、父が撮ってきた画像の中から1枚。


エグリゴマダラ Euripus nyctelius のメス。父撮影。

ランカウイ島のエグリゴマダラは、幼虫を一度見つけたことがあるだけで、成虫はオスさえ見たことがありません。まして本種のメスは、オスとは比べ物にならない珍品です。
エグリゴマダラのメスにはいくつかの表現型があり、いずれもルリマダラ類に擬態しているのですが、その中でもこの個体はとりわけ美しいタイプだと思います。ちなみに、以前マレーシアの半島部で見られた個体は青紫色の光沢がないタイプ。他にも、前翅の白い紋がないものなど様々な表現型が知られています。

2014年12月31日 Langkawi Is., Malaysia
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
虫つれづれ@対馬v2 ― ホシミズギワカメムシ?
津軽半島の自然 ― アマツバメ・・・
てくてく写日記 ― 埼玉のナガサキアゲハ
ありんこ日記 AntRoom ― 今は恐竜に夢中!
虫とり日記3 ― お出掛けしてきました。
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― 続・この樹、何の樹、気になる樹
蝶の玉手箱 ― 糠地郷バタフライガーデン
小畔川日記 ― 小畔川便り(ギンイチとウラナミシジミの産卵:2020/9/2.3)
鳥蝶ビデスコ ― オオルリボシヤンマ
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数