過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
 | 1 2 3 | 次のページ >>
ルリモンアゲハ



ルリモンアゲハ Papilio paris


多数のアオスジアゲハ Graphium sarpedon に混じって吸水していました
地元のヒメギフチョウ

ヒメギフチョウ Luehdorfia puziloi のオス
残雪とヒメギフチョウ
カタクリが咲きヒメギフチョウが飛ぶ傍らに、大量の雪が積もっていました。風当たりの強い場所なので、尾根の風下側に雪が集まり、雪解けのタイミングがずれたのだと思います。春と冬が隣り合わせる不思議な光景でした。


残雪とヒメギフチョウ Luehdorfia puziloi のメス




求愛行動


後翅の赤紋がひときわ鮮やかなオス
ヒメギフチョウ

カタクリ群落とヒメギフチョウ♀ Luehdorfia puziloi

ギフチョウ類のオスは飛翔中のメスを地面に叩き落とすことで交尾を迫るのですが、今回はオス同士の誤求愛でした。叩き落とされた側はかなり驚いている様子。


オスへの誤求愛


傍らではシュンランの花が開き始めていました
ホソバジャコウアゲハ
ナガサキアゲハ♀有尾型の擬態モデルとされる種。珍しいものではないようで、遠くを飛んでいく姿をしばしば見かけるのですが、近くで見られたためしがありません。


ホソバジャコウアゲハ Atrophaneura coon

2014年12月25日 Langkawi Is., Malaysia 父撮影
 | 1 2 3 | 次のページ >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
ありんこ日記 AntRoom ― リュウキュウアシナガアリの家族
鳥蝶ビデスコ ― キクイタダキ
虫とり日記3 ― さ、週末だ 2
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― 2020年版・PEKEYAMA氏の「映画を観るなら・・・ 」
北のフィールドノート ― ハシブトガラス・強風にのる飛翔
虫つれづれ@対馬v2 ― クリバネツヤテントウダマシ
呑むさん蝶日記 ― ほりでぃ いん かんさい・番外編のFinal
探蝶逍遥記 ― クルミ割り「カラス」(1月中旬)
愛野緑の撮影記録 ― 2020年1月22日 狭山丘陵だより フユシャク交尾
津軽半島の自然 ― サーファー・・・オオハクチョウ・・・
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数