過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前のページ | ... 3 4 5 6 7 8 9 | 次のページ >>
5/9ページ 
サカハチチョウ
 一応チョウのサイトなんだから、たまにはチョウの写真撮らないと―という思いに駆られて撮った写真。津軽のこの時期は、蝶屋にとってひどい端境期です。アゲハの春型なら見られないこともないのですが、近場であまり良いポイントを知りません。
 オオルリシジミが顕在なら、ちょうど今頃飛んでいるはずなのですが


2009年06月14日 青森県黒石市
ニトベナガハナアブ
 飛んでるのを一目見るなり、カッコいい!と思ったのですが写真にしてしまうとそうでもないかも。
 ところで、タイトルはとりあえずニトベにしたのですが、ススバネとの違いがよく分かりません。黄色いのがニトベ、黒いのがススバネ、とも思ったのですが、検索してみるとニトベと同じくらい黄色いススバネ?も出てくるので困ってしまいました。この2種はどこで見分けるものなのでしょうか。


2009年06月14日 青森県黒石市
今日のアリスアブ
 今日はアリスアブを撮りに、ではなく、採りに行きました。標本を送って丸山さんに見てもらうためです。
 僕自身もうほとんど標本は集めていないのですが、アリスの標本は少し持っててもいいかな―なんて下心もちょっとだけ。この仲間は綺麗な状態で図示されることが少ないので、自分の資料用として標本が欲しかったりします。

 最近読んだ本ではどれも「アリノスアブ」と表記されていたので、「アリス」よりも「アリノス」の呼称に趨勢があるものと思い込んでいました。でも、今日の断虫亭日乗によると、どうやらそうでもないよう。なんだかちょっと安心。


アリスアブ。毛色の異なるタイプ間の交尾。 ― 2009年06月14日 青森県黒石市


コマチアリスアブ ― 2009年06月14日 青森県黒石市
フタコブルリハナカミキリ


2009年06月14日 青森県黒石市
アリノスアブ2種
 丸山さんから、この記事の種はアリスアブ、こちらの記事の種はコマチアリスアブだと教えていただきました。ただ、コマチアリスとキンアリスは腹部の色彩で区別するため、これらの写真では同定しづらい―ということで、現物を送って同定していただくことに。丸山さん、ありがとうございます。よろしくお願いします。どのような答えがでるか、とても楽しみです。(⇒追記:現物を送って同定していただいたところ、コマチアリスアブで間違いないとのこと。)
 ところで、検索でHITしやすいようにブログでは「アリノスアブ」と書いていますが、個人的には「アリスアブ」の呼び名の方が好きで、普段そう呼んでいます。「アリス」って何か素敵な響きじゃないですか。なんでわざわざ和名の変更が提唱されてるんだろ。



コマチアリノスアブ ― 2009年06月13日 青森県黒石市


アリノスアブ ― 2009年06月13日 青森県黒石市
<< 前のページ | ... 3 4 5 6 7 8 9 | 次のページ >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
探蝶逍遥記 ― ヒメウラナミジャノメの飼育メモ
鳥蝶ビデスコ ― びっくり!
てくてく写日記 ― 埼玉のベニシジミなど
ありんこ日記 AntRoom ― 巨大フトハリアリの女王の見分け方
津軽半島の自然 ― 富士山撮影の旅・・・?本栖湖番外編・・・
北のフィールドノート ― 縫道石山・加藤沢沼・地名考
小畔川日記 ― 小畔川便り(新たなムラサキ兄弟の越冬場所:2019/12/8-11)
蝶の玉手箱 ― 台湾遠征21(ルリタテハ)
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― コールド・ムーン
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数