過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
フチグロトゲエダシャク
 フチグロトゲエダシャクは、早春性で昼行性のシャクガ。どこにでもありそうな河川敷に生息し、まして広食性だというのに、生息地の限られる珍品です。実は11日も、この種を探しに動いていたのですが、まだ羽化が始まっていなかったようで、そのうえ風は痛いほどに強く、ただひたすら辛い1日となりました。今回は、そのリベンジ。


フチグロトゲエダシャク♂ ― 2010年04月16日 青森県五所川原市

 去年の9月にセスジスカシバで試したのと同じように、飼育羽化品の処女メスを現地に1頭連れて行き、オスを誘引しつつ、メスの活動を1日じっと観察してみることに。このメスは羽化後数日経っていたので、きちんとコーリングしてくれるか不安だったのですが、そんな不安を余所に、ケースから出すや否や長い尾端を伸ばしてコーリングくれました。



 コーリングが始まってしばらく経つと、何頭ものオスが周囲をまとわり飛ぶようになりました。それにしても、フチグロの飛翔は、速くて不規則。1/4000秒でシャッターを切っても、当然のようにブレてしまいます。




2010年04月16日 青森県五所川原市


交尾。12時頃。 ― 2010年04月16日 青森県五所川原市

 交尾後しばらくすると、それまで全く動かなかったメスが急に歩き出し、そして、産卵を始めました。枯れた植物の亀裂に尾端を差し込み、内部に卵塊を産みつけます。


産卵 ― 2010年04月16日 青森県五所川原市


卵 ― 2010年04月16日 青森県五所川原市

 産卵を止めると、今度はまた再びコーリングを始めました。複数回交尾するらしい話は聞いていたのですが、既交尾メスが積極的にオスを求めるというのは、なんだか意外で、驚いてしまいました。面白いなあ。




2度目の交尾。午後2時頃。 ― 2010年04月16日 青森県五所川原市
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
虫つれづれ@対馬v2 ― クロハナコメツキの仲間?
ありんこ日記 AntRoom ― ヒアリにそっくり!? 沖縄のシワヒメアリ
虫とり日記3 ― 関東地方に春一番が吹きました。
呑むさん蝶日記 ― ブルー☆彡初見@久留米市(笑)
小畔川日記 ― 小畔川便り(モンシロチョウ初見:2020/2/13・18)
鳥蝶ビデスコ ― 本日、イベント2件
てくてく写日記 ― 埼玉のモンシロチョウなど
愛野緑の撮影記録 ― 2020年02月21日 フッチー
蝶の玉手箱 ― マレーシア遠征10(カギシロサカハチシジミ)
探蝶逍遥記 ― 本体HP「東南アジアの蝶ファン倶楽部」更新
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数