過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
ムナブトヒメスカシバ
 このムナブトヒメスカシバの体長は、わずか10mm程度(開張20mm弱)。日本最小のスカシバガとされています。発見・採集例の多くは偶然的なもので、まとまった数が得られない珍種です。性フェロモンの成分はまだ特定されていないため、フェロモンルアーを使って集めることもできません。とはいえ、本当にこの種が珍しいのかどうかは少々疑問の残るところで、その生態やサイズの小ささから人目に付きにくいだけなのではないかと、僕は思っています。


とにかく小さい。隣に写り込んでいるクロヤマアリと見比べてみて欲しい。 ― 2009年08月02日 青森県深浦町



ノブドウで吸蜜するオス ― 2009年08月02日 青森県深浦町


葉上にとまるメス。この仲間は中脚を持ち上げる独特な姿勢で静止する。 ― 2009年08月02日 青森県深浦町
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
呑むさん蝶日記 ― ほりでぃ いん かんさい・その8
愛野緑の撮影記録 ― 2020年1月17日 狭山丘陵だより フユシャク
ありんこ日記 AntRoom ― コタナグモは好蟻性なのか?
蝶の観察記録その2 ― 川越市のムラサキ兄弟(2020年1月中旬)
北のフィールドノート ― 武漢, 中国 (WUH-武漢国際空港) ーーー青森空港は大丈夫か?
虫とり日記3 ― さ、週末だ
鳥蝶ビデスコ ― 田んぼにて、
蝶の玉手箱 ― 台湾遠征34(コモンマダラ)
てくてく写日記 ― オフシーズン企画【ゼフの雌の翅表?】
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数