過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
フジミドリシジミ(3)
 早朝のブナ林はうっすらと霞んでいながら薄暗く、独特な雰囲気が漂っているのですが、チョウの撮影にはシビアな条件が揃っています。フジミドリは見るだけでも簡単ではないのに敏捷で、そのうえ光量不足。陽のあたる場所にとまっても今度は光が硬過ぎたりして、なかなか綺麗に写せません。ブナの林床らしい、交錯する木漏れ日と薄暗さをうまく活かした写真が撮れたら―などといつも考えながら撮影しているのですが、今年の写真は成功しているでしょうか。自分ではよく分かりません。つづく。


2009年06月28日 青森県青森市

 下の写真もそうなのですが、妙に腹部を曲げてとまるゼフィルスのオスを時々見かけます。先日掲載した吸水中のオスウラクロシジミもそうでした。腹部を曲げるだけでなく、腹端を開いているように見えるので、何か意味のある行動なのかもしれません。


2009年06月28日 青森県青森市



2009年06月26日 青森県青森市


父撮影 2009年06月27日 青森県青森市
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
呑むさん蝶日記 ― ほりでぃ いん かんさい・その8
愛野緑の撮影記録 ― 2020年1月17日 狭山丘陵だより フユシャク
ありんこ日記 AntRoom ― コタナグモは好蟻性なのか?
蝶の観察記録その2 ― 川越市のムラサキ兄弟(2020年1月中旬)
北のフィールドノート ― 武漢, 中国 (WUH-武漢国際空港) ーーー青森空港は大丈夫か?
虫とり日記3 ― さ、週末だ
鳥蝶ビデスコ ― 田んぼにて、
蝶の玉手箱 ― 台湾遠征34(コモンマダラ)
てくてく写日記 ― オフシーズン企画【ゼフの雌の翅表?】
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数