過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
Castalius rosimon
 クチ地区といえば、南ベトナム解放戦線(いわゆるベトコン)の有力拠点となった激戦地です。なかでもクチトンネルは、アメリカ軍を苦しめたゲリラ戦の基地として有名で、現在は多くの観光客が押し寄せる一大観光地と化しています。ベトナム最終日となった1月1日くらいは普通に観光しようということで、ヨドエさん、spaticaさんとともにクチトンネルへ向いました。
 65,000ドン(約400円)の入場料を支払ってゲートを抜けると、ゲリラ戦の舞台だっただけあって場内は鬱蒼としたジャングルです。被写体が少なくて悩まされた Damburi よりも蝶が多く、トンネル見物どころではありません。こっそり観光客の列を離れて林内に踏み込むと、木洩れ日を浴びながら産卵しているロシモンをみつけました。12月25日にTac Mai で撮影したときは、spaticaさんと一緒にかなりな時間ねばったにもかかわらず裏面しか見せてくれなかったロシモンが、このときは産卵の合間ごとに翅を開きます。光と影が交錯して撮影には難儀しましたが、翅表基部の青色がキラリと輝くロシモンはなかなか綺麗だなぁと思いました。



▲暗い林内で木洩れ日をあびるCastalius rosimon ♀ ―父撮影 2009年01月01日 Cu Chi, VIETNAM


▲産卵 ―父撮影 2009年01月01日 Cu Chi, VIETNAM


▲訪花 ―父撮影 2008年12月25日 Tac Mai, Dong Nai, VIETNAM
この記事のトラックバックURL  http://ze-ph.sakura.ne.jp/zeph-blog/tb.php?305
Commented by fanseab at 2009/01/20 20:34
なるほど、rosimonも♀産卵の途中では開翅撮影のチャンスがあるんですね!2枚目は光の回りが絶品で思わず唸りました。
Commented by Celastrina at 2009/01/20 21:45
fanseabさん
ロシモン、よい蝶なのに本当に開きませんよね。TacMaiでは数個体を1時間近く追い回したのに、日がさしても薄暗く曇っても駄目でした。CuChiの場合、強すぎる木洩れ日が使いこなせず、せっかく開いてくれたのにこれぞという画像にできなかったのが心残りです。
コメントする
*は必須項目です。







<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― 大王具足虫ぢゃ!!!
北のフィールドノート ― エゾホトケとキタドジョウ,芦崎調査の記録として
ありんこ日記 AntRoom ― トワダオオカの黄金のサナギ!?
小畔川日記 ― 小畔川便り(ムラサキツバメの越冬集団:2019/12/4.5)
鳥蝶ビデスコ ― イカルチドリ
呑むさん蝶日記 ― 冬の夜長にこの一冊
蝶の玉手箱 ― 八重山遠征
津軽半島の自然 ― 速報・・・でました「火の鳥」・・・
蝶の観察記録-十勝蝶改め相模蝶の観察記録 ― グランベリーモール-南町田
蝶の観察記録その2 ― 川越市のムラサキツバメ・ムラサキシジミ(2019年12月上旬)
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数