過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
ウスモンフユシャク

▲ウスモンフユシャクの交尾 ―2008年11月24日 青森県弘前市 弘前公園



▲ウスバフユシャク?の交尾 ―2008年11月24日 青森県弘前市 弘前公園



Inurois sp.のオス ―2008年11月24日 青森県弘前市 弘前公園
この記事のトラックバックURL  http://ze-ph.sakura.ne.jp/zeph-blog/tb.php?287
Commented by misuji at 2008/12/03 14:59
はじめまして ふかし君を連れまわしているおじさんです。
青森はフユシャク多くていいですね。こちらではヒメクロオビがビカビカです。
真性フユシャクInuroisは福岡近郊ではまだ出ていません。
今年は気温が高くて発生が1週間以上遅れているようです。

ところで、ヤマウスバはどこが違うのですか?九州には分布していないのでよくわかりません。

これからもよろしく。
Commented by ze_ph at 2008/12/08 23:00
misujiさん
はじめまして。ふかしさんにはいつもお世話になっています。
コメントを返すのが遅くなってしまい申し訳ありません。
ヒメクロオビはまだ見つけられていません。来年以降の課題です・・・。

ヤマウスバは、内横線や外横線、翅頂から伸びる黒線の発達が著しいこと、また全体的に色が濃い目でコントラストが強いことから区別しています。
ただ、ヤマウスバ自体の個体差がとても大きいような感があり、同定に絶対の自信はありません。

こちらこそ、今後ともよろしくおねがいいたします。
Commented by misuji」 at 2008/12/09 11:46
ヤマウスバの見方ありがとうございました。青森では、どこにでもいるのですね?
九州平地ではInuroisまだ出現してません。これからです。ふかし君は毎日キリガってます。自分も行きたいのですが仕事が忙しくていけません。
Commented by ze_ph at 2008/12/13 04:26
misujiさん
僕は弘前公園以外では見ていません。
山地へ行くとInuroisは、時期にもよるのだと思いますが、ウスモンとクロテンばかり見ています。

九州でもフタスジが始まった、とふかしさんから先程お聞きしました。
Commented by misuji at 2008/12/13 12:29
チャバネ・コナミ・シロオビ・ナカジマなど昨日とれました。Inuroisはまだ見てないなあ・・・今年は少ないのかな?
Commented by ze_ph at 2008/12/13 16:47
misujiさん
シロオビは比較的発生の早い種なのですね。ということは今年あまり見れなかったのは時期を外したからだったのかも・・・

フユシャク類の同定はあまり自信がありません。間違い等ありましたら指摘していただけると嬉しいです。
コメントする
*は必須項目です。







<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
ありんこ日記 AntRoom ― オキナワアギトアリの狩り
愛野緑の撮影記録 ― フユシャクの♀を撮影
虫とり日記3 ― 12月7-8日 山梨に行ってきました。
標本箱・おもちゃ箱・玉手箱 ― 大王具足虫ぢゃ!!!
北のフィールドノート ― エゾホトケとキタドジョウ,芦崎調査の記録として
小畔川日記 ― 小畔川便り(ムラサキツバメの越冬集団:2019/12/4.5)
鳥蝶ビデスコ ― イカルチドリ
呑むさん蝶日記 ― 冬の夜長にこの一冊
蝶の玉手箱 ― 八重山遠征
津軽半島の自然 ― 速報・・・でました「火の鳥」・・・
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数