過去の記事
2017 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
ブログ内検索
<< 前の記事 | | 次の記事 >>
フユエダシャク
 今日は寒かった。雪もちらついていた。普段ならクロスジフユエダシャクのオスが乱舞している場所なのだけれど、乱舞どころか1頭も飛んでいない。先週は雨が降っていたにも関わらず結構飛んでいたし、時期を外しているとも思えないから、寒さのせいで飛べなかったのだと思う。実際、ただとまっているだけのオスは数頭見かけたし、触ってもろくに動けていなかった。(まだ11月の初旬なのに)フユシャクも飛べない天気ってどんなだよ・・・なんて思いつつ、鼻水垂らしつつの山歩きとなった。
 ところで、一般に‘フユシャク’と呼ばれている蛾には、フユシャク亜科、ナミシャク亜科、エダシャク亜科の3系統のものがある。どれもメスが飛翔力を失っていて、姿も割と似ているけれど、それは収斂進化の結果なのだろうと思う。(一応、どの系統も同じシャクガ科に属してはいるけれど)分類学的にそれほど近縁なわけではない。



▲フユエダシャクの仲間のメス ―2008年11月08日 青森県弘前市 岩木山
この記事のトラックバックURL  http://ze-ph.sakura.ne.jp/zeph-blog/tb.php?276
コメントする
*は必須項目です。







<< 前の記事 | | 次の記事 >>
最近更新されたリンクブログ >>全て表示
ありんこ日記 AntRoom ― ヒアリにそっくり!? 沖縄のシワヒメアリ
虫とり日記3 ― 関東地方に春一番が吹きました。
呑むさん蝶日記 ― ブルー☆彡初見@久留米市(笑)
小畔川日記 ― 小畔川便り(モンシロチョウ初見:2020/2/13・18)
鳥蝶ビデスコ ― 本日、イベント2件
てくてく写日記 ― 埼玉のモンシロチョウなど
愛野緑の撮影記録 ― 2020年02月21日 フッチー
虫つれづれ@対馬v2 ― キイロヒラタガムシ
蝶の玉手箱 ― マレーシア遠征10(カギシロサカハチシジミ)
探蝶逍遥記 ― 本体HP「東南アジアの蝶ファン倶楽部」更新
投稿者
ze_ph(記事数:1183
Celastrina(記事数:19
その他
総アクセス数
今日:今日のアクセス数 昨日:昨日のアクセス数